お酒ラバーズの酒米作り参加募集!至福のコラボランチにご注目

こんな感じの、素敵な仲間たちができるよ。

お酒ラバーズの酒米作り参加募集!至福のコラボランチにご注目

By 済木麻子, 5月 17, 2017

愛、それはなにかを生み出す力。

愛、それは強まれば強まるほど、

己に帰ってくる。

ああ、酒よ、私の元へ帰ってこい。

ああ、酒よ、私の愛に応えておくれ。

 

何の歌やねん。って話なんですけどね。宝塚でしょうか演歌でしょうか。

ちなみにこの方は、宝塚市出身。

ちなみにこの方は、宝塚市出身。

 

とにかくこのような熱い想いを持ってお酒を愛する、お酒ラバーの晩酌女子さんたち。

 

私のことですよっ

私のことですよっ

昨年、晩酌女子たちとお酌男子たちが「好きが高じて」始めちゃったという、

酒米からのお酒造りをご存知だろうか……。

2

こんな感じで、

5

こうなって、

IMG_9537

こういう感じで、

IMG_9591

こうして、

IMG_9588

こうなっちゃったやつね。

 

で、最終的に、

17175926_1268944053189515_270857466_o

こうなって、

5

こうなったやつね。

汗を流し、手間ひまをかけたからこその、お酒の味。

お酒ラバーズの心に、お酒が応えてくれる瞬間。

出来るまでの地道な積み重ねを知るからこそ、

味わいがより深く感じられる。これは、

参加した人にしかわからない、悦楽。

 

ねぇ、それ、今年あなたも味わってみない?

こんな感じの、素敵な仲間たちができるよ。

こんな感じの、素敵な仲間たちができるよ。

っていう話なんです。

 

食べるお米はだいたい、田植えの終わった昨今の丹波市でございますが、

酒米の田植えはこれから。

今回の酒米作りは、

宮垣農産さんFacebookページより。

宮垣農産さんFacebookページより。

氷上町で有機農業を営む「宮垣農産」さんにお世話になります。

この写真良いですね~! いや、いいですよ~っ!!

田植えは手で一本一本、愛情込めて行います。

6

コレもんですよ。

ほんでからの、

11

コレもんですよ~!!

この写真は、今年のじゃなくて去年のなんですけど(そらそうやろ)、

今年はなんと、

「お米農家と卵農家」のコラボメシ!

宮垣さんちのお米で炊くごはんに、隣の卵農家さん芦田ポートリーさんの卵料理。

出し巻きの達人、芦田ポートリーの芦田社長。

だし巻きの達人、芦田ポートリーの芦田社長。

メニューはだし巻き? 卵かけごはん? 塩にぎり? わっくわくとまりませんが、

当日までのお楽しみですよっ

そしてそして、昨年の汗と涙の結晶である「花ひより」も、

程よく冷やした生酒での振る舞いを行いますよ。

別途、キャッシュオンでの地酒ドリンク販売も(これはカッコヨテイ)。

体を動かした後の、極上のお米と卵のコラボランチ、

そんでもっての冷えた生酒。

もう愛さえあれば、この素晴らしさが身に沁みてご理解いただけると思うんですよね。

 

さぁ、身に沁みちゃったよというあなたは以下の詳細情報をチェックチェック!
————————————————————————————-
田植えイベントと初呑み会、醸したお酒付き
————————————————————————————-

【酒米づくりプロジェクト プログラム(予定)】
■田植え
日時 2017年5月27日 10:00 – 15:00 ※雨天決行
集合場所 宮垣農産
Googleマップで検索するとき、「宮垣農産」だとたどり着けないから、
宮垣富男作業場」で検索してね!
(いいなぁこの検索ワード。検索したくなるよね)

 

■新酒の初呑み会(12月~3月頃)
山名酒造さんにて搾りたてのお酒の初のみ。
コレ、プロジェクト参加者限定のお楽しみです(≧▽≦)

除草作業、稲刈りイベント、酒蔵見学も別途計画中です。
続報は震えて待て!

———————————————————–
【酒米づくりプロジェクト参加費】
・ひとり8、000円(税込)
・田植え、初呑み会イベント
・醸したお酒2本付き
・酒米づくりから日本酒完成までのグループへの招待
※田植え参加できないという方は2000円オフ

参加申し込みフォーム

↑参加したい方はこれをクリック&ライティングですぞ!

—————————————————–

昨年の様子とか知りたいじゃん?っていう方は、コチラから
http://gokinjo.sc/shumaidukuri_1/
http://gokinjo.sc/hanahiyori/

 

◆◇◆ご近所が主催・提供・応援するイベント◆◇◆

からだカフェスピンオフ
10月 7日 @ 1:00 PM – 5:00 PM
【イベント概要】
◾️日時:2017年10月7日(土)
13:00~17:00
◾️場所:無量寺(氷上町小野570-2)
◾️料金:3000円
◾️主催:無量寺
◾️お問合せ:無量寺0795-82-0701

心と身体が喜ぶ「食べるをつくる」-仕事帰りに、丹波を食べて飲んで語る。
■参加費 1,500円(丹波の日本酒&里山おやつ付)
※お子様連れの受講も可能。お子様のおやつをご希望の場合はお一人500円。
■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■定 員 15名

■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■主 催 NPO法人gift(丹波市)+一般社団法人リベルタ学舎(神戸市)

 

空き家活用塾③空き家リノベーションの実態-企画から改修まで-
10月 12日   7:00 PM – 9:00 PM
会場:衣川會舘 青垣町佐治608
丹波市青垣町で空き家改修・活用したまちづくり活動を行い、地元住民と協働しながら地域再生に取り組む。空き家は地域の資源だと語り、空き家という空間を活かしたバーなど人が集まる仕掛けを多数実践。

 

 

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記