一面のカタクリ。

4月2日。よく晴れた暖かい日差しの中、丹波市の清住にあるカタクリ祭りに行ってきました。

実は私(伊藤)は10年前にもこのカタクリ園に来たことがあって、現在もうすぐ10歳になる長男生む直前に訪れています。

カタクリ園の受付。

カタクリ園の受付。

中学生以上の入園料は300円。

中学生以上の入園料は300円。

その時のカタクリ園は薄暗い木立の中の一角にロープがはられていて、カタクリもひっそりと咲いている程度でした。

ですが、10年ぶりに訪れて見ると、そこは

IMGP0275_R

一面のカタクリ!

IMGP0274_R

 

見覚えのあるロープに囲まれた区域にギッシリと咲き誇っておりました。
よくぞここまで、育ってくれたことです。守ってきた地域の方々に感謝!

そのロープを囲んでカタクリを写真におさめようとスゴイ人数の方がズラリ押し寄せておりました。
IMGP0333_R

確かに。撮りたくなる。私もごたぶんにもれず、撮影してきました。

木漏れ日の中、輝くカタクリ。

皆様もこの時期に訪れてみてはいかがでしょうか。

IMGP0277_R

花の開花時期は3月下旬~4月上旬。
場所は、兵庫県丹波市氷上町清住です。
詳しくは 清住村おこし&達身寺グループのウェブサイトでhttp://blog.goo.ne.jp/kiyozumi-tashinji

関連記事

  1. 年間来場者50万人を超える足立美術館の底力

  2. 「あなたをこのように幸せにします!」を考えるコピーライティング勉強会

  3. 3/22晩酌女子・禁断の昼酒の会がいろいろ麗しかった件。

  4. ご近所スタッフ、「丹波栗生産者交流会」なるものに潜入する

  5. ワークショップ後の茶話会。

    巻き込み型空き家活用。魅力的な空き家を活かす方法

  6. 2015-2016へ。ご近所の取り組み

  7. 満面の笑み!

    我が社の社長がタマネギヘアーになったわけ。

  8. 地域広報開拓の1000日。いち企業広報担当者との違い

PAGE TOP