2足のわらじ~半陶半デザインの陶の部分。

絵付け

こんにちは。ウェブデザイナーの伊藤です。

のっけからウェブデザイナーっぽくない写真を載せております。

株式会社ご近所ではウェブデザイナーとして働いておりますが実は私、絵付け職人として歴の方が長く、

絵付け歴21年、

ウェブデザイナー歴2年。

今日はちょっと思い立って絵付け職人としてのお仕事を少しご紹介。

以前のブログにも書いてもらったのですが元々は芸大で日本画を学んでおりました。

当時から植物画が好きでそのまま今に至るのでもっぱら描くのは植物の絵。

染付桜文大皿

桜は特に好きで葉桜になりかけのころの薄い葉が萌え出でる頃がいい。(ソメイヨシノではあまりこうはなりませんけど)

焼き物に絵を描くときは素焼きといって低温(といっても800℃~900℃)で1度焼いた状態のものに、染付絵具(コバルト)で描いていきます。

私は直接絵具で書くより鉛筆で下書きすることが多いです。使っている筆は日本画用のもの。焼き物用の筆より自分にはしっくりくるので。写真は彩色筆。細かいところは面相筆を使います。

絵付け (2)

焼く前は素地は肌色、絵具は緑がかった青に見えますが、焼くと肌色が白に、緑がかった青は真っ青に変化します。

伊藤花青絵付け湯呑

普段は写真のように、お湯呑に描いたり、お皿に描いたり、

IMGP2540

日常使いの食器に描くことが多いです。

平日デザイナー、土日は絵付け。

アナログをデジタルの間を行ったり来たりしながら今日も「制作」しています。

 

関連記事

  1. NHK取材、移住女子が行く!

  2. 念願の地域行事、氷上町石生で行われた秋の例大祭に参加!

  3. 伝えかた

  4. ご近所オフィス1Fカフェ化計画☆3月ゆるカフェの告知あり

  5. 地域広報の現場。強みはネットワークとfacebook

  6. 豪雪地域の人に聞く、雪道運転のコツ5つ

  7. 「ソトコト流ローカル再生論」で見つけた幸せ3つ

  8. 丹波弁

PAGE TOP