風の人、テレワーカー

先週まで、ご近所には、東京と大阪からテレワーカーさんがいらっしゃっていました。

時に丹波市内のテレワーカーもご近所にやって来て、

社内の机が争奪戦…というほどの満員御礼状態のにぎやかさでした。

このテレワーク期間で一番得たものは、社の中に風が舞ったことです。

 

ご近所は、自社オフィスで、コワーキングスペースもあるという会社です。

会社だからこそ(そこはかとなく)ある「ご近所の社風」に、

テレワーカーさんご自身が育まれてきた社風を持ち込んでくれて、

停滞していた空気に、新鮮な空気が入って来てかき回されて、空気が爽やかになった感じ。

ちょうど、暖房であったまりすぎた室内に、窓を開けて外の冷たい空気が入った時の

停滞していた空気が爽やかに入れ替わったような。

 

 
「ご近所」は地域にとっての「風」のような存在になることを目指しています。
 
都会の風を吹き込み、地域の風を都会に運ぶ
 
開け放った部屋の中を風が通り抜けて行くように色んな方が出入りする
 
そんな場であることを目指しています。
 
ああ、きっと地域の人が、今私が感じているような気持ちになることを目指しているんだと
 
静けさを取り戻したオフィスの中で感じています。

 

 

関連記事

  1. ネタの宝庫 日経MJ、丹波新聞

  2. ソーシャルイノベーション4.0

  3. ローカルからの情報発信の壁         ー歯ぎしりの日々ー

  4. 景観は経年変化を計算して作られる

  5. ㈱ご近所×NEC!「地方で働く」一緒に考えてみました

  6. 【気づきの1冊】1,000人~10億人まで、人を動かすモチベーションの…

  7. 満面の笑み!

    我が社の社長がタマネギヘアーになったわけ。

  8. 鳥取より丹波へ

PAGE TOP