風の人、テレワーカー

先週まで、ご近所には、東京と大阪からテレワーカーさんがいらっしゃっていました。

時に丹波市内のテレワーカーもご近所にやって来て、

社内の机が争奪戦…というほどの満員御礼状態のにぎやかさでした。

このテレワーク期間で一番得たものは、社の中に風が舞ったことです。

 

ご近所は、自社オフィスで、コワーキングスペースもあるという会社です。

会社だからこそ(そこはかとなく)ある「ご近所の社風」に、

テレワーカーさんご自身が育まれてきた社風を持ち込んでくれて、

停滞していた空気に、新鮮な空気が入って来てかき回されて、空気が爽やかになった感じ。

ちょうど、暖房であったまりすぎた室内に、窓を開けて外の冷たい空気が入った時の

停滞していた空気が爽やかに入れ替わったような。

 

 
「ご近所」は地域にとっての「風」のような存在になることを目指しています。
 
都会の風を吹き込み、地域の風を都会に運ぶ
 
開け放った部屋の中を風が通り抜けて行くように色んな方が出入りする
 
そんな場であることを目指しています。
 
ああ、きっと地域の人が、今私が感じているような気持ちになることを目指しているんだと
 
静けさを取り戻したオフィスの中で感じています。

 

 

関連記事

  1. 村の人から突然段ボール一杯のシイタケをもらった時の対処法

  2. 晩酌女子のオリジナル酒「花ひより」がハピネスで試飲できる!……だと?

  3. 年度末だよ!美味しいものいっぱい食べましたin香美町

  4. 完成

    季節先取り!画像がない、そんな時にPhotoshopで写真の季節感を変…

  5. 丹波酒の会3/22 お酒の味わいレポートしちゃうよ!!

  6. 【ぜんざい食レポ】いちご畑で「ぜんざい」の奥深さを叫ぶ

  7. 地域広報開拓の1000日。いち企業広報担当者との違い

  8. ● 晩酌女子のススメ制作奮闘記 – 第弐部 ̵…

PAGE TOP