ご近所の本棚03「広告コピーってこう書くんだ!」

ご近所メンバーが読み、影響を受けた本を紹介する「ご近所の本棚」シリーズ第三弾は、

代表・小橋の秘蔵の参考書籍であるこちら。

[amazonjs asin=”4883351793″ locale=”JP” title=”広告コピーってこう書くんだ!読本”]

↑こちらは教科書的な存在で、

[amazonjs asin=”4883353397″ locale=”JP” title=”広告コピーってこう書くんだ! 相談室(袋とじつき)”]

↑こちらは実践編!受講生たちの相談などをまとめたものです。

(こちらの袋とじは谷山雅計さんがコピーを生み出すときの実際の試行錯誤が読めちゃいます!)

 

 

広告でもWebでも、モノを作るときに悩みがちなのがキャッチコピー。

こちらの二冊には「なるほど」ポイント満載なのですが、その中で一つ大きなポイントをご紹介させていただくと、

「描写でなく結論を書こう」

たとえば、「新幹線の始発の座席を満席にしたい」というJR東海からのオファーに対し、

つい書きがちなのが「ゆったりとした始発車内の風景」の描写。

それはそれでいいのですが、より心をつかみ意外性を持たせるためには、その先の「結論」を描くことが大切で、

例えば「吉本新喜劇を前座から見られる」という結果であり、そこから派生した

「宝塚大劇場の入り待ち」ができる、「行列のできるお店」の人気メニューが確実にゲットできる、という

結論部分に踏み込むことでより、コピーの受け手が自分のこととしてとらえられ、

更に結論部分は似たような結論を「派生」させることができるのもメリットです。

 

本の中では良いコピーライターになるために必要なのは、

「何かを勉強するのではなく、ひたすらに書くことそのものから上達する」と書かれています。

その「ひたすらに書く」、例えば一つの事例に対して百本ノック的にコピーの練習をするにあたり、

「派生させる」「広げられる」、という意味で結論についてのコピーを書くことは効果的だと言えます。

 

他にも、伝わるコピーの五つの段階、

そしてコピーの本質とは何か、など、納得ポイント満載のこの二冊。

 

コピーライティングの手法として、また話の面白さなども参考になりそうな書籍です。

——————————————————————————————————————————————

ご近所はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、
Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

関連記事

  1. ご近所の本棚01「広報の仕掛け人たち PRのプロフェッショナルはどう動…

  2. ご近所の本棚04「よなよなエールがお世話になります」

  3. 【買い物、好きですか?】ご近所の本棚08「買い物欲マーケティング」

  4. 【「美味い!」の謎に迫る】ご近所の本棚07「ほんとうのニッポンに出会う…

  5. ご近所の本棚05「里山産業論」

  6. 【企画書は推理小説!?】ご近所の本棚06「企画力」

  7. ご近所の本棚02「ブームをつくる」

PAGE TOP