意外!?に「かわいい」webマーケティング~サイト分析、インスタ、LINE~

こんな感じでやってるよ!

意外!?に「かわいい」webマーケティング~サイト分析、インスタ、LINE~

By 済木麻子, 3月 16, 2017

最近仕事のような仕事でないような、何やかやとかあれこれで、

ウェブマーケティングについて勉強したようなしなかったような(なんや歯切れ悪いな!)

とにかく、得た知識はアレですよ。アウトプットですよ。

アウトすることで、よりイン!ってなるといううわさをよく耳にするんでね。

 

ということで、ちょっとウェブマーケ的なアレをかじってみたライター目線で見る、

ちょっとかわいいかもしれない感じのアレ、3選!

 

その1.ウェブサイトのアクセス分析が意外とかわいい

 

「いやーホンマにアレですわ。うちのウェブサイト、作ったはええものの、

ほんまに見てもらえてるんでっしゃろうか?」

 

という不安を抱えているあなたに、無料でアクセス解析できちゃいますよっていうので、

有名なのがかの「Google analytics」ですよね。ぐーぐる、あなりてぃくすと読みますよ。

基礎情報と、トラッキングコードを貼りつけるやつができたら、数時間以内に、

ウェブサイトに毎日、毎時間、何人の人が来てくれてるかとか、

特に人気のあるのはどのコーナーだとか、そういうのが分析できるんですよね。

ちなみに、ご近所で特に人気のある記事は、この二つでした。

 

東京⇔丹波⇔時々静岡、3拠点生活してみてわかったこと

移住女子の移住女子による移住女子のための(?)丹波弁辞典

 

んでね、アナリティクスっていうのは、こういう画面で見られるんですけど、

こういうシンプルな折れ線グラフとか、円グラフとか

こういうシンプルな折れ線グラフとか、円グラフとか

これで、来てくれた人の時間とか、新しいお客さんはどれくらいの割合かとか、

そんなんも算出してくれるんですけどね。

ちょっとかわいい分析ツールを教えていただいたので、ご紹介いたします。

JUICER

5c4b7483bf21a35448f3dd505044923d

ログイン画面からこんな感じ!かわゆいよね。

んで、さっきちょい見せしちゃった感じの折れ線グラフも、

34c329782507780047f3c2c05b6f8a85

こんな感じで、なんならちょっとこのグラフが表示されるとき、

「めにょん」っていう動き(通じてくれ……!)も入って、それがまた可愛い。

これは前述のアナリティクスとひも付きになってるんで、アナリティクス分析ができるようになってから

使えるやつなんですけど、可愛いし、ペルソナとかも勝手に作ってくれるって噂なんで、

気になる方は使ってみてくださいね!

 

その2.企業系のインスタアカウントが意外とかわいい

最近ね、ご近所もインスタはじめてるんですけどね。

こんな感じでやってるよ!

こんな感じでやってるよ!

最近PCでも触れるようになってきているinstagram。

instagramは見せる、魅せるSNSってことで、

周りの企業さんのインスタ見てたらもう「かわいい」が多すぎて。

 

例えば、ANAさん

恋人感というコンセプトでインスタされてるそうなのですが、

空もきれいだし、写真もきれいだし、飛行機の写真ばっかりじゃないけど、

「あぁ、ANAですよね」ってなる写真ばっかりで、これはもう、

「うん、全て打ち捨てて旅に出ようかな」ってなるやつですよ(危険か)。

 

他にも、「My little box」さん。

これは某女子4人でアカウントを見て、とにかくメロメロっとなってですね。

でも一体どういうことをしている会社さんなのかということが分からなかったため、

ググって、分かって、「注文したいわ―!」となった奴です。

そつのない小悪魔系インスタアカウントでございますよ(危険か)。

 

丹波市内でいうたら、吉住工務店さんのインスタも素敵です。

シャレオツな家に、シャレオツなインテリア。木の家っていいなぁってなりますよ。

 

その3.LINEのかわいい無料スタンプが意外とアレだった

 

LINE あるやないですか。 LINE。

ほんでLINEにスタンプあるやないですか、スタンプ。

LINEのスタンプって、有料のんもあるけど、結構無料のんもあるやないですか。

あのかわいらしい無料スタンプが、意外にアレだっていう話なんですけどね。

 

でもまあその前に。

LINE公式アカウントってありますやん。

あの可愛い無料スタンプとかDLする前に、

「友達登録」してからの、スタンプダウンロードとかになりますやん。

で、「友達」の「公式アカウント」見たらこんなかんじですやん。

17270033_1320973827984491_615797281_n

そしたら、アイコンの横のマークに、黄緑と、紺のがありますやん。

で、さらに、

54c15060f54c724236596d15cca8e442

こんなグレーのんもありますやん。

これの違いってご存知ですか??

 

 

まあ引っ張る必要もないのでさらっと言いますと、

黄緑のが、LINE公式アカウント。スタンプとか配布できるやつです。

紺と、グレーは、正式には「LINE@」のアカウント。

個人企業などはLINE@を使うことが多いようで、

登録すると、セール情報とか日常情報とか、メッセージとして何かとうれしいアレが

どんどん入ってくるシステムなんですね。

紺と、グレーの違いは、LINEに認証されたアカウントか否か。認証されたら紺です。

 

じゃあグレーは怪しいのん? というと、必ずしもそういうものでなくって、

認証基準が明らかになってないうえ、認証するための登録をしてないだけということも

あるので、そのあたりはご自身の目で確かめて!ってなっちゃうやつなんです。

6ad1b1acd90cf84c68422645937e26bc_s

LINE@って、メルマガの開封率より数倍、数十倍ともいえる高い率で読んでもらえるらしいんで、

最近のwebマーケティングで頭角をぐんぐん現してきているのですが、

メッセージ数×有効友達数で1,000通までなら月額無料で使用できるとか、

それ以上のメッセージを送りたいときは、友達が5,000人以内だったら、

月額5,400以内で送り放題だよ、とか、割とリーズナボーなお値段も魅力的なんです。

 

これも、お友達の数が多いほど、有効な情報が多くの人に届けられるよね!っていうんで、

じゃあ、大手企業さんみたいに「無料スタンプあげるからお友達になって♪」ってやればいいんじゃね?

って思ったりしますよね。

 

でも、無料スタンプ配布を行うためには、緑のバッジの「公式アカウント」にならんなあかんらしいです。

ただ公式アカウントを運営しようと思ったら、

月額250万円から。

配信数によって1000万円とか超えてくることもあるけど、

1メッセージ120万円で追加もできます。

あと、スタンプ無料配布をするときは、そうですね。2,000万円からですかね。

……

 

ということなんですよね!

使いまわし、とか言わないの。

使いまわし、とか言わないの。

ということで、ありがたい無料スタンプが意外とアレだったということですが、

でもそれだけの価値のあるツールとして、LINEが評価されているということでもありますね。

 

ということで、いっちょかみしてみたら、意外とかわいい、

そしてかわいいアレが意外とアレだということにも気づいた、webマーケ。

 

もっと知りたいなーって思った方、特にウェブサイト分析でどれだけ人が来てくれてるのかな?とか

見て、改善策練りたいなって方は、jimdo cafeでそのあたりのざっくばらん話もできますよ。

jimdo cafeは毎月第四月曜日開催なので、またこのブログでもおしらせいたしますよん。

 

◆◇◆ご近所が主催・提供・応援するイベント◆◇◆

からだカフェスピンオフ
10月 7日 @ 1:00 PM – 5:00 PM
【イベント概要】
◾️日時:2017年10月7日(土)
13:00~17:00
◾️場所:無量寺(氷上町小野570-2)
◾️料金:3000円
◾️主催:無量寺
◾️お問合せ:無量寺0795-82-0701

心と身体が喜ぶ「食べるをつくる」-仕事帰りに、丹波を食べて飲んで語る。
■参加費 1,500円(丹波の日本酒&里山おやつ付)
※お子様連れの受講も可能。お子様のおやつをご希望の場合はお一人500円。
■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■定 員 15名

■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■主 催 NPO法人gift(丹波市)+一般社団法人リベルタ学舎(神戸市)

 

空き家活用塾③空き家リノベーションの実態-企画から改修まで-
10月 12日   7:00 PM – 9:00 PM
会場:衣川會舘 青垣町佐治608
丹波市青垣町で空き家改修・活用したまちづくり活動を行い、地元住民と協働しながら地域再生に取り組む。空き家は地域の資源だと語り、空き家という空間を活かしたバーなど人が集まる仕掛けを多数実践。

 

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記