「opendata@丹波」 の行く先

先日、opendataの活用方法を考えるワークショップに参加しました。

opendataとは、その名のごとく、開かれた情報、公共のデータ。

誰もが自由に使っていい情報のこと(のよう)で、

位置情報も付けることができるらしいです。(極めて乏しい知識ですが)

 

参加したワークショップ「opendata@丹波」では、

テーマを決めて写真の投稿を呼びかけ、

集まった沢山のデータの活用方法を検討してるという段階です。

 

これまでに呼びかけたのは、

丹波の、「桜」 「夏の思い出」 「秋祭り」 というテーマ。

桜であれば、お花見名所から、我が家の庭の自慢の桜、

こっそり愛でてたお一人様名所まで。

 

11139914_744802752285658_405814798_n  11119358_744802765618990_153972679_n

 

また、田舎ならではの牧歌的な写真も多数。

さて、この写真、どう活用しましょうかという段階です。

 

活用の仕方が見えなければ、単なる「データ」。

でもアイデア次第では、みんなの役立つ「情報」になる。

Microsoft PowerPoint - プレゼンテーション1(4)-0012

13613410683_45d905a23b_m

 

opendataの概要を聞いて、さらに集まった写真を見て思ったのは

「なんなの、コレ。こんなところにフリー素材の、

イイ感じの画像がむっちゃあるやんか!

これ、フリーの画像集やで」 ってこと。

 

企画書作成で、毎度毎度、探しまくるイメージ画像。

もちろん、プロの撮影ではないのでクオリティは様々ですが、

企画書に使えそうな写真がある。

それにテーマの決め方次第では、今後、

フリー素材として使いやすい写真集めも可能なはず。

 

ワークショップでは、市内のイベントでスライドショーにして投影するなど

公共的な活用のアイデアが多かったのですが、

わたしには、企画書用のフリー素材にしか見えなかった…。

それくらい、毎度、探すのが大変なのです。

 

この悩み、プランナーなら絶対抱えてるはずで、

活用度・大だと思うのです。

 

で、

ただ単に、「opendata@丹波 フリー画像集」 でもいいのですが、

せっかくなら、うまいことPRにつなげたい。

たとえば、位置情報付きのフリー素材集にしたら、

どこの桜か、どこの地域のお祭りか、

どこの地域のおじいちゃんの田んぼか、わかるようになる。

そうしたら、単なる「どっかの田舎らしいイメージ写真」 から

ストーリーのある、存在感のある、イメージ写真になるんじゃないかな~。

 

素材を探しにopendata@丹波 フリー画像集サイトに

やってきたはずが、イメージ写真の背景を知って、

「へえっ、丹波の●●●ってところなんだ~」なんて、

チラッとでも思ってもらえたら、上々。

さらに、素材探しのはずがサイト内で丹波画像めぐりが始まったら・・・。

ムフフフフ・・・・、大成功。

 

桜の花も散りかけの丹波ですが、opendataは、まだまだ投稿募集中です。

フリー画像集案は、わたしの妄想ですが、桜を楽しむ丹波画像めぐりはコチラから

opendata丹波 『sukitamba』

関連記事

  1. 【島根研修レポート】ニーズを作る。

  2. 実は仕事してました~株式会社ご近所2019~

  3. 楽しかった修学旅行!鯖江で先進事例ツアー!

  4. ウェブデザイナー&絵付師!伊藤由起に聞く、「衝撃の一冊」

  5. 都会っ子たちが農業体験!丹波の黒ごま圃場で「食」にふれる

  6. 丹波市に不思議と人が集まっちゃう、5つの仕掛け。

  7. 【ぜんざい食レポ】ラストスパートに、コーヒーぜんざいを。

  8. Facebookでシェアする時に、笑顔の画像を表示してみよう。

PAGE TOP