【ぜんざい食レポ】道の駅丹波おばあちゃんの里でご近所スタッフが実食!

小豆の高級品種である「丹波大納言小豆」を贅沢に使ったぜんざいがたっぷり楽しめる「丹波大納言小豆ぜんざいフェア」。

この11月からフェアが開始され、丹波市内の36の飲食店では丹波市民に長らく愛されてきた定番メニューから、このフェアのために開発されたという新メニューまで、さまざまなぜんざいが提供されています。

 

そこで、各店舗の技とアイディアが詰まったぜんざいを実食、その美味しさをご紹介いたします。

 

ぜんざいフェア実食一杯目は、「道の駅丹波おばあちゃんの里」フードコートで提供されている「大納言ぜんざい」です。

この「丹波大納言小豆 ぜんざい」ののぼりが、「ぜんざいフェア」参加店舗の目印です。

この「丹波大納言小豆 ぜんざい」ののぼりが、「ぜんざいフェア」参加店舗の目印です。

 

こちらのフードコートで食券を購入後、「グルメ&デリカ 日向」のカウンターに提出し待つこと数分、「大納言ぜんざい」ができあがります。

大納言ぜんざい 写真

大納言ぜんざい 写真

 

小豆が地元産の丹波大納言小豆であるのはもちろん、中に入っている焼きもちも、地元産のもち米を使用した自家製です。焼き立てのおもちの香ばしい香りが、食欲を掻き立てます。

 

丹波大納言小豆の入った甘いお汁にやきもちという、これぞ「THE ぜんざい」な定番の一品。

食べてみると丹波大納言小豆が本当にたっぷり、とても贅沢に使われ、大粒の小豆が時間をかけて柔らかく炊かれています。甘みもしっかりしていて、濃厚な味わい。丹波大納言小豆の粒の大きさ、味の濃厚さをしっかり感じていただけるぜんざいです。

見よ!この良く伸びる餅を!そしてこの笑顔を!

見よ!この良く伸びる餅を!そしてこの笑顔を!

また自家製のやきもちは弾力がありとてもよく伸び、濃厚なあんことの相性も抜群。あんころ餅感覚でもいただける、大満足の一杯です。

焼そばとぜんざいというコラボレーションを楽しむ奥の方

焼そばとぜんざいというコラボレーションを楽しむ奥の方

 

 

Info

大納言ぜんざい 400円

道の駅 丹波おばあちゃんの里(フードコート)

丹波市春日町七日市710

電話:0795-70-3001

営業:8:30~18:00 ぜんざいの提供は11:00~17:00

年中無休

 

関連記事

  1. 地域広報開拓の1000日。いち企業広報担当者との違い

  2. 地域にこそ、人格。

  3. かわいすぎるお客様もお迎えした、ゆるカフェbyご近所の進化が止まらない…

  4. 地域広報の現場。PRは仕掛け人

  5. ソーシャルプロダクツってご存知ですか?

  6. 丹波を楽しむ一日に、つなごう、熱い想い。【動画あり】

  7. 年間来場者50万人を超える足立美術館の底力

  8. 誰でもできる!農家が教えるアイデア出しのコツ

PAGE TOP