満面の笑み!

我が社の社長がタマネギヘアーになったわけ。

こんにちは。ウェブデザイナーの伊藤です。

先日、ご近所スタッフ一同、ご縁があって淡路島へ視察ツアーに行ってきました。

視察先は、「道の駅うずしお」。

寂れかけていたこの道の駅がここ数年で淡路島の人気スポットになっているのです。

ご近所メンバーはこちらのプロモーションビデオに出演するという依頼を受けてそんな面白そうなところならばぜひ!と二つ返事でOKしたのでした。

当日、丹波には雨が降りましたが、淡路島は快晴。絶好の撮影日和となりました。

淡路島といえば、「玉ねぎ」が有名ですが、10年ぐらい前にはこんなに玉ねぎ、玉ねぎとは聞かなかったように思います。(歴史は古いようですが。)

淡路島はほんとに一丸となって玉ねぎを全面に出している感が伝わってきます。

サービスエリアの自販機からしてタマネギ。

サービスエリアの自動販売機もタマネギ

主な撮影場所は

うずの丘 大鳴門橋記念館とその中の絶景レストランうずの丘道の駅うずしお

撮影前に何か気を付けることはありますか?とスタッフさんに聞いたところ、

「普通に観光して下さい。撮影していることを意識しないで。」とのことでしたので、本当に遊びに気分。

撮影に向かいます

お店に入ると

玉ねぎコーナーが。

印刷物は大型プリンターがあるので自社で行われているとか。各商品にはイメージの写真や商品の解説、商品の背景のストーリーが表示されています。

13729087_1455040624521429_1990363113078547211_n

13707636_1455264137832411_3280545800757671164_n

思わず読んでしまいます。読んでいくと自然と買いたくなる・・・。

加工品もいろいろ充実していました。玉ねぎスープ、玉ねぎカレー、玉ねぎドレッシングに、玉ねぎおかき、玉ねぎの佃煮・・・。

13710071_1455040547854770_5733571985482350692_n

こちらの道の駅では、オリジナルの商品が70アイテムも開発されているのだとか。

 

こちらの店内は、どの商品もキチンとPOP表示されていて、思わず買いたくなるようにできておりました。ここでしか買えない商品は、「ココだけ商品」とわかるようにそれぞれ表記。

13690622_1455264024499089_6688180896151699608_n

売れ筋商品1位とか、○○の最優秀賞とか、わかりやすく表示。どの印刷物にも丁寧に撮影された写真が使われていて、店内ディスプレイ全体が楽しくできておりました。スタイリッシュというわけではないけれど、「買いたくなる」。

(ご近所メンバーも買いすぎちゃいました。)13680632_1455264037832421_6993602111451241998_n

店内には遊び要素も。

玉ねぎキャッチャー!玉ねぎを見事とれると1.5kgの玉ねぎをもらえます。

玉ねぎUFOキャッチャー

中でも、「#おっ玉ねぎ」は巨大な玉ねぎの前で撮影してSNSに投稿することを前提としています。

IMG_8834

店内にはタマネギのカツラが用意されていて、それをかぶってお買い物をすると粗品ももらえるというオマケ付き。タマネギのカツラ

というわけで。ご近所メンバーもやっちゃいました。

13681017_1455040811188077_261189293603588147_n

頭の上でタマネギの形を作るのが公式ポーズなのだとか。

 

撮影の勢いで普段はこういうことしなさそうな我が社の社長も満面の笑みでカツラをかぶります。

満面の笑み!

いや~。淡路島の仕掛け恐るべし。

みなさんも淡路島に行った際には、うずの丘大鳴門橋記念館にある「#おっ玉葱」の前で撮影してみて下さい。

テンションがなぜかすごく上がります。

 

関連記事

  1. 豪雪地域の人に聞く、雪道運転のコツ5つ

  2. 渡辺顕さんおすすめ書籍「生き延びるためのラカン」

  3. ご近所スタッフ、「丹波栗生産者交流会」なるものに潜入する

  4. 【ぜんざい食レポ】いちご畑で「ぜんざい」の奥深さを叫ぶ

  5. ローカルからの情報発信の壁         ー歯ぎしりの日々ー

  6. 東京⇔丹波⇔時々静岡、3拠点生活してみてわかったこと

  7. 心洗われてしまいました。~地域づくり大学「あの人と和解する」~

  8. 海外経験を経て、ふるさと丹波の空き家に向き合う中川ミミさんにせまりまし…

PAGE TOP