丹波市100人駅伝が、丹波新聞の取材で謎のベールを脱ぐ

以前、実行委員会のお二人にインタビューも行い、

わくわくが高まりまくっている、丹波市100人駅伝。

 

その丹波市100人駅伝が、あの、丹波市民の魂、丹波市民の心のオアシス、

丹波市民にとっての「LIFE誌」、丹波市民にとっての「ネイチャー誌」、

丹波市民にとっての「AERA」(もういいかな)である、

「丹波新聞」の取材を受けたというんですからこれ、大変なことです。

 

またこれかい

またこれかい

丹波市のインフォメーションにおける大御所、丹波新聞さんのインタビューにより、

今まで知られていなかった丹波市100人駅伝の新たな一面が明らかになりました。

これがその取材風景ですよ。

これがその取材風景ですよ。

語らいの風景から、熱気が伝わってきますね。

それで、明らかになったというその丹波市100人駅伝の「新たな魅力」とはずばり!

意外に手作り感満載だった!丹波市100人駅伝

運営スタッフ自身の才能、クリエイティブ、スキル、得意分野、能力、

アビリティー、ケーパビリティー、キャパシティなどを総動員。

例えば、

PIC_2899

その卓越たるデザインセンスを持って、ロゴを作った人。

PIC_2892

その卓越たるクリエイティブ性を発揮し、チラシやTシャツをデザインした人、

17349199_415443312137930_1069280276_o

その卓越たるカメラとの親和性を発揮し、素敵な写真や動画を撮影してきた人、

PIC_2898

その卓越たる商才を持って、「100人駅伝界の経産相」の名をほしいままにした人、

(ちなみに彼はたこ焼き焼きの才と情熱もふんだんにあるが、当日は封印予定)

PIC_2890

その卓越たる記憶力と丹波愛を持って、みんなに楽しんでもらえるコース設定をする人、

PIC_2891

そして最年少16歳ながらその卓越たる技術と知識を持って、

「映像とGPS技術を担当します。さらにはライブ動画配信も」と、難しいことをさらりとやってのける人。

彼のアビリティにはかのケンワタナベも、「いや~H君はすごいわ~わははっ」とご満悦。

 

PIC_2906

手づくり感というよりか、スキルとスキルの結晶でできている、丹波市100人駅伝。

ちなみにみなさんが着ているのは、2年前に製作したビビッドT。差し色ですね!

PIC_2917

後ろのロゴはこんな感じ!

PIC_2918

これは誰でしょう。分かったあなたはもう走るしかない。

 

ということで、分かっちゃったあなたも、走ってみたくなったあなたも、

Tシャツが気になったあなたも、春の陽気の景色のよさ半端ない丹波をみたいあなたも、

以下の中からフィットする応募方法をチョイス!レッツジョイナス!いや、usじゃないか。

レッツジョインゼム!

 

INFO

丹波100人駅伝
日時 2017年4月23日(日) 8:15~開会、8:30スタート
募集人数 100人(応募多数の場合は抽選)
参加資格 小学1年生以上
参加費 1,500円
走行距離 おひとり100m~3km程度(要相談)
主催 丹波100人プロジェクト事務局 丹波市100人駅伝実行委員会

応募方法は以下の3つからチョイス!

1.応募フォームに直接入力しちゃう。
ここからどうぞ。多分一番早いよ!

2.郵送で申し込んじゃう。
ポストに投函するときのノスタルジック感を味わおう。
こちらのPDFを印刷して、以下の住所までお送りください。
〒669-3581 丹波市氷上町稲畑220番地 事務局代表 松本佳則

3.メールで申し込んじゃう。
tamba.100ekiden@gmail.com まで、
氏名、年齢、性別、住所、電話番号(当日連絡つくもの)、メールアドレス、興味のあるスポーツを書いてお送りください。打ち込むひと手間がアイラブユー。

今までの駅伝の情報や、これからの情報は、

100人駅伝サイトや、100人駅伝Facebookページでご確認ください。

◆◇◆ご近所が主催・提供・応援するイベント◆◇◆

「丹波づくしの 丹波酒を楽しむ会」
日時:2018年3月22日(木)14:00~15:30
場所:Dining Cafe 虚空蔵 今田店
参加費:2,000円程度
丹波七蔵の酒を堪能できます(7種)イタリアンの軽食付き
最寄り駅・JR福知山線「相野」駅からの送迎可
参加資格:晩酌女子であること(自称・他薦とわず)
ご自身のSNSでイベントに参加した様子を発信できる方
参加定員:20名
参加申込:申込フォームからお申し込みください
https://goo.gl/GnqewZ

 

■「恐竜の詩」完成披露式典&プレミア上映会
日時:2018年3月24日(土) 17時開場 17時半開演
入場料:3,000円
PDFダウンロード

 

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記

関連記事

  1. 3/22晩酌女子・禁断の昼酒の会がいろいろ麗しかった件。

  2. 徹底的に街づくり。ここまでやるかの水木しげるロード

  3. 宝島社の女性向けファッション誌は、○○で女の子たちの心をつかんだ。○○…

  4. ご近所Facebookページ1000いいね!大感謝祭

  5. スマホでも一眼レフでも!ヨガ講師に聞く「かっこいい写真を撮るための4つ…

  6. ドラマ『重版出来』に見る、仕掛け人だましい

  7. 田舎暮らし・移住の書籍、漫画、雑誌を読み放題した結果

  8. 白昼堂々、スパイシーナイトを体験した女たちの話。

PAGE TOP