「美味しい」のチカラ~丹波の食の魅力を知って~

10月の29日、30日は「秋の味覚フェア」でした。

ご近所メンバーも、「味覚フェア企画ブース」に立って頑張りました!

IMG_6958

この日は「ふれあいの祭典」との同時開催だったため、ブースがたくさんあり、

FBで見て下さっていた皆さんからも「ご近所さんたち、どこにいたん?」と声をいただくこともありましたが…。

メインストリートの、建物近くのあたりで、特産品に親しんでいただくためのゲームや、

試食コーナーを行っておりました。

詳しくはこんな感じでやっておりましたが、

このブースに立っていて改めて強く感じたのが、「丹波の『農作物』の素晴らしさ」でした。

ブルーベリーでも、丹波大納言小豆でも、丹波黒大豆でも、

農作物そのものの味が濃厚で、ちゃんと個性があるから、シンプルな味付けをした加工品が活きている。

当日

ふるまいぜんざいのコーナーにもたくさんの人が並んでいました。

ふるまいぜんざいのコーナーにもたくさんの人が並んでいました。

お子さんたちもたくさん試食に来て下さいましたが、

シンプルな味付けのヨーグルトや、黒豆のお菓子を「美味しい」ってにっこり食べてくれます。

都会から来た人たちも「これ、おいしい!」と感激の表情を見せてくださいました。

 

丹波に住んで10年余り(もうちょっとかな)?

丹波の「凄さ」「魅力」になじむ余り、最近意識しなくなっていたことを、

お子さんや、都会の方から見せていただいたように思いました。

 

こちらは同ブースのあずき積みコーナーから

こちらは同ブースのあずき積みコーナーから

ゲームは、特産品の神経衰弱と、あずき積みを行いました。

丹波大納言小豆は、一般的な小豆と違って「俵型」であるから、「積む」ことができるんです!

たださすがに積み木のように簡単に、とはいきません。

よりきれいで真っ直ぐな「俵型」の小豆を見定める、その選定眼が問われるゲームなのです。

二段積み上げるのもちょっとコツがいるのですが、

実際に上の写真のように、三段重ねて積み上げられている人もいました!

素敵だなーと思ったのは、ご夫婦で同時に、三段積み重ねている方がいたこと。

選定眼があり、手先も器用なご夫婦ってなんだか素敵ですよね。

そうそう、丹波って手仕事の風景が残っていて、手先が器用な方がたくさんいるっていうことも、

丹波に来たばっかりの時感動したことでした。

KIMG3112

そんなこんなで、「丹波のいいこと」と再会できた秋の味覚フェア、

楽しませていただいたのでした。ありがとうございます!

 

関連記事

  1. 東京⇔丹波⇔時々静岡、3拠点生活してみてわかったこと

  2. 誰でもできる!農家が教えるアイデア出しのコツ

  3. ㈱ご近所×NEC!「地方で働く」一緒に考えてみました

  4. 本日の業務 ―。三尾山にて城攻め、山菜摘み。

  5. 渡辺顕さんおすすめ書籍「生き延びるためのラカン」

  6. 移住女子の移住女子による移住女子のための(?)丹波弁辞典

  7. 地域広報開拓の1000日。いち企業広報担当者との違い

  8. 竹野町からの丹波視察会が、色々コアコアしかった件。

PAGE TOP