「あなたをこのように幸せにします!」を考えるコピーライティング勉強会

知人にお気に入りの商品を紹介するときや、
仕事で自社製品を営業するとき、
もっと上手におすすめできたらいいなと思いませんか?

私はいつも、友人におすすめする際に一晩でも二晩でも悩んでしまいます。

今週は、悩ましい「コピーライティング」を学ぶ勉強会がありましたので、
その時の様子を一部紹介致します。

まずは具体例を一つ。
今回の勉強会では、楽天市場の『キムチでやせる』というショップが紹介されていました。

このような店名がついた背景には、

・痩せたいと思っている女性へアプローチしたい
・主力商品はキムチである
・薬事法にひっかからない店名部分に「やせる」というキーワードを使用

等が考えられます。

キムチで痩せるというのはイメージでしかありませんが、
おいしいキムチを食べて、ダイエットになることや健康になるイメージが湧くということが大切です。

消費者/購入者があなたの商品を購入したときに、
「どのような目的で、もしくはどのような場面で活用し、幸せを感じてくれるか?」を具体的に想定し、
理想的イメージが湧くようなコピーとともに商品を提供できれば、
ターゲット層にすんなりと響いていくのではないでしょうか。

関連記事

  1. 東京⇔丹波⇔時々静岡、3拠点生活してみてわかったこと

  2. NHK取材、移住女子が行く!

  3. スロー。ときどき、ジャンク

  4. ローカルからの情報発信の壁         ー歯ぎしりの日々ー

  5. 地域広報開拓の1000日。いち企業広報担当者との違い

  6. 【島根研修レポート】共感は地域の魅力よりも価値観にあり

  7. 【丹波モーニングMAP】無量寺近くの「カフェ フェミニテ」でムーディー…

  8. 移住1年でわかる想定外の困りごと。

PAGE TOP