田舎暮らし・移住の書籍、漫画、雑誌を読み放題した結果

50bac89bd4cfff3aaa8442dba3085df1_s

田舎暮らし・移住の書籍、漫画、雑誌を読み放題した結果

By 済木麻子, 9月 28, 2016

突然ですが、「Kindle Unlimited」ってご存知ですか?

月額980円の定額読み放題サービス
書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、
洋書120万冊以上が

お手持ちのiOS/Androidスマートフォンやタブレット、
Kindle電子書籍リーダーやFireタブレットで読み放題に

という、まあ要は「電子書籍月額読み放題サービス」です。

対象となっている本は限られているのですが、それでも対象書籍であれば、

お財布と相談することなく好きなだけDL、たくさん読めるというので、

電子書籍を読む習慣のある方には見逃せないサービスだと思います。

かくいう私も、日本版が解禁された8月3日に即登録して、2カ月近く愛用しています。

 

「この本が読みたい」と決まっている場合は、その本が読み放題対象になっていない場合、

あまりメリットを感じないのですが、「こういうジャンルの本をとりあえず読みたい」という時に役に立ちます。

 

ここでは、そのKindle Unlimited読み放題対象タイトルの中から、

「田舎暮らし」「移住」をキーワードに読んでみたおすすめ書籍をご紹介いたします。

1.ぼっち村

いきなりコミックスなのですが、連載を打ち切られそうになった崖っぷちの漫画家さんが、

「何かネタになりそうだから」と、鉄腕DA○H的な楽しみを求められ

田舎に飛び込み挑戦するドキュメント漫画です。

漫画のネタになるようにあえてハードモードを選択しているのですが、

・空き家バンクに登録しておくと、忘れたころにナイスな物件が見つかることも

とか、(この方が移住した辺りは、空き家バンクが機能している地区、していない地区があった)

・もし就農するならこんなことを覚悟しておくべし

とか、移住や田舎暮らし、就農を考えている人に現実的に、かつ

「自分の時はどうしたらいいかな」と思える学べる要素ありです。

 

2.地方移住「住めば都」のウソホント

この本は、月刊Wedgeで開催された地方移住についての特集を加筆修正されたもので、

現代の「地方移住ブーム」を切り口に、このブームで人の流れが生まれるのか、ということを検証したり、

移住のケース5つから、成功の秘訣を読み取ったり、

地方移住で作られているコミュニティが持続していくためにどうしたらいいのかを考察していたり、

ページ数としては少ないのですが、今の地方と、移住者の課題がギュッと詰まった編集になっています。

漠然と「田舎暮らししたいなぁ」と思っていたり、加速度的に夢が膨らんでいる状態の人に、

現状と、「その中で自分がしたい生き方をするにはどうしたらいいかな」って考えるのにうってつけの一冊です。

無理をしすぎず、地域を見つめて、自分のできることを続けていくこと。

地方ほど、人付き合いを大切にした方がいいこと。

移住するタイミングのつかみ方。などなど、

事例をもとに、自分に引き寄せて考えてみると深く読み込めます。

3.だから、僕は農家をスターにする

ご存知「食べ物つき情報誌」の、食べる通信。

その第一号「東北食べる通信」を立ち上げるに至った著者のストーリーが描かれています。

学生時代のエピソードから、卒業して地方議員になったこと、

地域の方々の声を聞き、第一次産業を元気にするにはどうしたらいいのか模索したこと。

生産物、生産者さんの思いと魅力を伝えるためのツールとしての「食べる通信」。

 

農業の本であり、ビジネスの本でもある深さと、ひとりの人生としてのストーリーの面白さが、

読み物としてぐいぐい引き込んでくれる一冊です。

 

(番外編)ソトコト

全ての号ではなく、Lite版ですが、ソトコトも読み放題対象タイトルに入っています。

コミュニティの作り方をビジュアルと文章で見やすく、ライトに楽しむことができたり、

地方に移住してものづくり(主に手仕事でした)をしている方のインタビュー記事が読めたりと、

息抜き的にも楽しめます。

 

この5冊をぱらっと読んで、全てKindleの正規価格で買うと2894円、紙だともっとしますが、

これだけでも月額980円の元が取れるのが凄いなって思います。

なんかAmazonの回し者みたいになっていますが、

こちらで紹介させていただいた移住系、田舎暮らし系の本はすべてオススメで、

ちょっとしたトレンドを知った気持ちにもなれちゃいます。

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記