「うわっ、この人の引き出し、多すぎ……!?」マルチな極めびと、職人田中守氏にせまる

tanaka

「うわっ、この人の引き出し、多すぎ……!?」マルチな極めびと、職人田中守氏にせまる

By 済木麻子, 2月 17, 2017

背中で語る、男のロマン。

熱を加えることによって変幻自在に形を変える金属。
危険と隣り合わせの、集中力と腕前が試される仕事。

それが、丹波市氷上町の板金職人、田中守さんの生業。

tanaka

いやー、ちょっとかっこよすぎませんか、田中さん。ねえ。

 

「ずっと、板金工場が子どもの頃からの遊び場やったんや」

幼い頃から金属に触れ、道具に触れ、工作遊びのような気持ちで板金作業に触れるうち、

いつしか田中さんは、作りたいものを作りたいように作れる技術を身に着けていたといいます。

「作りたいものを作りたいように作る」ってなんやねん、って話なんですが、

まあこんな感じです。

タナカ板金の技術

「えっ今なにがあったの?」ってなりませんか?

日常的になじみのあるものも、職人田中さんの手にかかればお手の物。

 

成長と共に更なる技術を高め、ご実家の跡を継いでタナカ板金株式会社の代表として日常業務を行う傍ら、

田中さんのお仕事は建築板金です。

田中さんのお仕事は建築板金です。

現在田中さんは大学生インターンを受け入れて若手養成に力を入れるほか、

鉄鋼製品を活かした地域活動を行いたいという有志のサポートを行うなど、多彩な活動を行っています。

この多彩な活動がもうね、多彩すぎて多彩すぎて。

例えば、ドラム缶でシャレオツなピザ窯をチャチャっと作ってしまう。

タナカ板金 ピザ釜
例えば、四角パイプで機能性抜群な薪ストーブも作ってしまう。

餅もピザも焼けるよ!

餅もピザも焼けるよ!

例えば、銃弾まで緻密に再現してガンダムのハイクオリティジオラマを作ってしまう。

z

ザ・男のロマン。

例えば、長渕剛を追っかけ富士山の麓まで行ってしまう(あれ?板金関係ない?)

着物や歴史の話から四柱推命や風水の話まで

関わった業種はとことんまで追求するから詳しいのなんの。

マルチタイプなのに、一つ一つもしっかり極める。

こんなハンパない職人さん、なかなか出会えませんよね。

「うわっ、この人の引き出し、多すぎ……!?」ってなってしまう田中さん。

写真はイメージです。

写真はイメージです。

 

地域活動というのは行政だけで行うものでもなく、

地方活性系の仕事をしている人にしかできないものでもありません。

誰でもいつでも、自分の持っているものを活かして、

自分の育った場所を、縁のあった場所を、好きな場所を、元気にする方法は必ず見つかるはず。

田中さんの話はどこをとっても刺激的で、聞いているだけでワクワクして、

自分の進む方向のヒントももらえる。

 

「でも田中さんには、都会じゃなかなか会えないんでしょ??」

 

そう、都会ではなかなか会えない、刺激的な職人気質の男、田中さん。

でもその田中さんがこの度、東京進出!トークカフェが開催されます。

当日どんな話が聞けちゃうのかは未知数、トークの玉手箱状態。

来ていただいてのお楽しみなんですが、どこを輪切りにしても美味しくいただけちゃうはず。

輪切りのイメージ図。

輪切りのイメージ図。

「職人さん」という働き方に憧れている人も、

「今の自分の働き方の中で、地方を元気に出来ないか」と考えている人も、

職人さん目線から語る地域活性に学ぶものが多くあるのではないでしょうか。

今回、職人「田中守氏」は、男の背中だけでなくトークでもしっかり語ってくれます!

なかなか得ることのできない「職人さんとの触れ合い」の時間をぜひ楽しみに来てください。

 

ハンパない職人さんのお話〜たんば・ローカリスト〜(Facebookイベントページ)

開催日時:平成29年2月23日(木)19:30~21:00

場所:TAM COWORKING TOKYO(東京都千代田区神田小川町3-28-9 三東ビル1F)

参加費:無料

お問い合わせ:NPO法人gift(giftホームページイベントページに飛びます。
050-5897-2334  hito@gift.sc

こちらのフォームでも参加をお受けしています!

 

 

◆◇◆ご近所が主催・提供・応援するイベント◆◇◆

からだカフェスピンオフ
10月 7日 @ 1:00 PM – 5:00 PM
【イベント概要】
◾️日時:2017年10月7日(土)
13:00~17:00
◾️場所:無量寺(氷上町小野570-2)
◾️料金:3000円
◾️主催:無量寺
◾️お問合せ:無量寺0795-82-0701

心と身体が喜ぶ「食べるをつくる」-仕事帰りに、丹波を食べて飲んで語る。
■参加費 1,500円(丹波の日本酒&里山おやつ付)
※お子様連れの受講も可能。お子様のおやつをご希望の場合はお一人500円。
■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■定 員 15名

■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■主 催 NPO法人gift(丹波市)+一般社団法人リベルタ学舎(神戸市)

 

空き家活用塾③空き家リノベーションの実態-企画から改修まで-
10月 12日   7:00 PM – 9:00 PM
会場:衣川會舘 青垣町佐治608
丹波市青垣町で空き家改修・活用したまちづくり活動を行い、地元住民と協働しながら地域再生に取り組む。空き家は地域の資源だと語り、空き家という空間を活かしたバーなど人が集まる仕掛けを多数実践。

 

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記