【丹波モーニングMAP】無量寺近くの「カフェ フェミニテ」でムーディーな朝の始まりを

みなさま、おはようございます!!

いやー、朝ですねぇ。 あなたがこれを読むのが何時であろうと、朝路線でいく。

それが「丹波モーニングMAP」のやり方です。

そういえば昔、「おはこんばんちは」とかありましたね。あれの逆を行く路線です。

まぁとにかく割とな早朝ですよ、ご近所メンバーは無量寺近くにオープンしたカフェ、

「フェミニテ」さんで優雅に朝を始めたわけですよ。

フェミニテさんのモーニングの時間は8時から10時半!

フェミニテさんのモーニングの時間は8時から10時半!(LO10時)

2

ランチビュッフェもされているようなのですが、今は朝なんで、モーニングで。

中はこんな感じ。

中はこんな感じ。

中はこんな感じ。パート2

中はこんな感じ。パート2

おツネ「モーニングでも、何か『晩酌女子』みたいなネーミングが欲しいですね」

チアキ「あー、『モーニング女子』みたいなですか」

おツネ「うーん、ちょっとそのまんまかなぁ」

チアキ「じゃあ、『モーニング娘。』!」

おツネ「既にいますよね。その名前まんまの人たち。それにもっと、大人ならではの重みが欲しいですね」

チアキ「じゃあ……『あさおんな』はどうでしょう?」

なんか新種の妖怪みたいなんが生まれたところで、

11

きましたよーー!!! モーニングセット!

これがザ・モーニングの王道ですよね。トーストにサラダ、ゆで卵。

食後には、ドリンクもついているのですが、

コーヒーも紅茶も、レインフォレストのフェアトレードのもの。

朝からこだわりの一杯。これが「モーニング女子」とは言わせない、大人の風格。

9

このこちらの「ツネ撮り」、何を撮っているのか気になりますよね。ね。ね。

なもんで、転送してもらった写真の中から抜粋して……。(音は出ないぞ)

ね。こんな感じ。

で、この写真も氷山の一角ですよ。

とにかく、このスライド見てもらったら、中川さんが全力でモーニングに打ち込んでるのが伝わりますね。

何なら最後の写真、ちょっとモーニングについて語ってますしね。

 

で、そのさなか、

18903041_1361573673927823_1014166263_n

何やら真剣なまなざしを見せる中川さん。

「これは! 黄身の固さが絶妙ですよ! 黄身の固さが、絶妙ですよ!」

2回言うほどのその黄身の固さが、これっ

13

ザ・絶妙~~~!!!なかなかこの加減のゆでたまごってできないんですよね。

プロの仕事が垣間見えますな!!

さらにこちらのフェミニテさんのお気遣いが素晴らしかったのが、

12

こちらのダブルおしぼり!

来た時に一枚、そしてメニューと一緒にもう一枚。

確かに、食べる前に手を拭きたいし、ゆでたまごやトーストを食べた後にも手を拭きたいもんなぁ。

これは朝から清潔感ですよっ!!!

お昼はランチビュッフェに、フリードリンクなのだそうな。

お昼はランチビュッフェに、フリードリンクなのだそうな。

お水ラバーが泣いて喜ぶ、きれいなお水も気になる。

お水ラバーが泣いて喜ぶ、きれいなお水も気になる。

 

こちらはランチビュッフェもされているということで大変気になるのですが、

私たちには仕事がある……! ご近所が、私たちを、呼んでいるんだ……!!

ということで、仕事という戦場に向かうために、足を踏み出す女たち。

14

って感じで。

いつか必ず、ランチレポートもしたい。

そう誓いながら、フェミニテさんを後にする私たちなのであった……。

 

info
Café Fee Mini The(カフェ フェミニテ)
丹波市氷上町小野672
tel 0795-86-7045
モーニング 8:00~10:30(LO10:00)
ランチ 11:30~15:00(LO14:00)
休日 火曜・水曜

ご近所スタッフオススメ「丹波うまいもんMAP」記事一覧

 

◆◇◆ご近所が主催・提供・応援するイベント◆◇◆

「丹波づくしの 丹波酒を楽しむ会」
日時:2018年3月22日(木)14:00~15:30
場所:Dining Cafe 虚空蔵 今田店
参加費:2,000円程度
丹波七蔵の酒を堪能できます(7種)イタリアンの軽食付き
最寄り駅・JR福知山線「相野」駅からの送迎可
参加資格:晩酌女子であること(自称・他薦とわず)
ご自身のSNSでイベントに参加した様子を発信できる方
参加定員:20名
参加申込:申込フォームからお申し込みください
https://goo.gl/GnqewZ

 

■「恐竜の詩」完成披露式典&プレミア上映会
日時:2018年3月24日(土) 17時開場 17時半開演
入場料:3,000円
PDFダウンロード

 

 

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記

関連記事

  1. 雪と氷に囲まれた「ご近所」が、「少しも寒くないわ」だった理由

  2. 【島根研修レポート】ニーズを作る。

  3. ありがとう27年 中野班餅つき大会

  4. 手書き文字をパスに変えたい!

  5. 丹波市の防災

    地域づくりと防災教育~私の中にあった災害への油断~

  6. 丹波地域の農業を熱く(?)語る会

  7. ワークショップ後の茶話会。

    巻き込み型空き家活用。魅力的な空き家を活かす方法

  8. 【島根研修レポート】共感は地域の魅力よりも価値観にあり

PAGE TOP