スロー。ときどき、ジャンク

ご近所の近所には、徒歩数分のところに1軒ポツンとデイリーヤマザキがあるだけです。

ゆえに、お昼ご飯はオフィスで食べるのがふつう。

しかし、お弁当でもコンビニ食でもありません。

スタッフが手料理をオフィスの小さなキッチンで作ります。

当番制ではないものの、料理上手な人や、

みんなのお昼ごはんを心配する気配りのできる人が、

11時ころからスッと離席して食事作りを始めます。

お昼はだいたいぴったり12時。 「料理ができた時がご飯の時間ですから」という

生活の私にはマネのできない、完璧なスケジュール感と手際の良さで仕上げてきます。

DSC_03782

こんな風景はまれですが、なくもない。笑

ふだんは器をもって各自、思い思いにいただきます。

とってもスローなお昼ごはんです。

打って変わって、ジャンクな夜も稀にあります。

写真 (15)

カップヌードルを食べながら、

サスティナブルフードのあるライフスタイルについて考える、午前1時前。

こういう日もあるって。

車生活の欠点の一つは、終電という概念がないことだな~~。

 

 

 

 

関連記事

  1. 【島根研修レポート】「ひと手間」を自然に伝える。

  2. 自分のまわりに今あるもの

  3. サステナブルという価値を掲げて

  4. 【島根研修レポート】共感は地域の魅力よりも価値観にあり

  5. ご近所クリエイティブセミナー開催Report

  6. 【気づきの1冊】1,000人~10億人まで、人を動かすモチベーションの…

  7. 橋をかける事業、始めます。

  8. 丹波市100人駅伝が、丹波新聞の取材で謎のベールを脱ぐ

PAGE TOP