「トークイベントで考えよう!女性の”新しい”生き方」神戸の会場が……!

e41781ecdcda0ea99d337d5f1b18e7b2_m

「トークイベントで考えよう!女性の”新しい”生き方」神戸の会場が……!

By 済木麻子, 6月 8, 2017

子育てしながら働きたい、

自由な働き方をしたい、

小商い、スモールビジネスを始めてみたい、

自然の中で暮らしてみたい……

あなたが抱える小さな夢、

自由でしなやかな働き方、暮らし方を一緒に考えるトークイベント。

 

っていうやつが、来週末の日曜日、神戸三宮はラッセホールで開催されるらしいですよっっ!!うん。

……ラッセホール、行ったことあります。きれいなとこです。立派なホールです。

ですが、ラッセホールの「ラッセ」ってなんなんでしょうね。

 

気になったら止まらない。こんな時はgoogle先生に頼りましょう。

もちろん検索ワードはアレですよ。「ラッセ 意味」ですね。

そしたらいろいろ出てきます。

 

まずこちらの英和辞典

cf39b34986f58cabf85958765d1c3223

あ、人名……。ラッセさん。ラッセさんが作ったホールなのかな。

あ、でももしかしたら英語じゃなくって、フランス語ってこともあり得ますよね。

 

レッツフランス語! もちろん検索語句は「ラッセ フランス語」ですよ。

フランス語辞書が出てきましたよ。

b8f542bd7eebd554abe1b1bab2c64d51

 

ええーーっ、なんかごめんなさい。

疲れさせたみたいです。

ラッセってあれですかね。

フランダースの犬はベルギーが舞台だっていうんで、ベルギーは8割フランス語だっていうんで、

あれですかね、「パトラッシュ、もうラッセだよ」的なくだりがあったてことですかね。

 

でもラッセホール、素敵なホールで疲れてないですね。

うーんうーん。

 

とか言ってたらこんな情報もありましたよ。

どうやらラッセ、イタリア語では「板」という意味らしいです。

これかもしれませんなぁ。

 

そして「ラッセ 意味」で調べてたところ、

ねぶた祭りの「らっせーらー!」は、「出せ」が語源だという説もでてきましたね。

まぁラッセホールねぶた感ないですけどね。

 

はっ! もうこんな時間! こ、告知しなきゃ!!!

気を取り直しますよ。

落ちつきましょうや。の図。

落ちつきましょうや。の図。

えーと。あ、そうでした。

 

自然の中で子育てをしながらも、自分の夢もあきらめない。

京阪神から一時間半のトカイナカ、丹波地域から、

リベラルな生き方・働き方をしている女性たちが集まります。

 

まぁこの「丹波地域から集まった女性たち」がね、

丹波民から見たらだいぶと豪華ゲストなんですよね。

 

まず、

トークゲストはNPO法人Tプラス・ファミリーサポート代表の、

谷水ゆかりさん。

NPO法人では母親の活躍を支援するほか、

家業である加工板事業も継承。

女性経営者としての立場から、育児に仕事に頑張る

お母さんの悩み相談にも乗ってくれちゃうオアシス的存在の方です。

 

 

その谷水さんと共にトークを繰り広げる4人のパネリストは、

結婚を機に丹波に移住、家庭や育児に奮闘しながら

ヨガ講師としてのキャリアも積む園田あゆみさん

 

 

篠山市出身の農業女子兼美魔女、

自然の中での子育て視点も新鮮な荒木礼子さん

 

子育てをしながら家業を手伝い、その後

雑貨セレクトショップを起業した竹内紀美子さん

 

都市部で広報のキャリアを積み、丹波市へ移住、

地域の魅力発信事業を多数を手掛ける恒松智子さん


何か、よくこのブログに登場してくださってる方ですよね。うん。

 

 

 

このトークイベントをコーディネートするのは、

国際協力NGO勤務を経て、ふるさと丹波で

移住定住促進事業に関わる一児の母、中川ミミさん。

どのゲスト・パネラーさんからも、今まで出会えなかったような

働き方・生き方のヒントが得られ、

刺激のある時間になること間違いなし!

 

子育てしながら、あれこれしながら、田舎で、地方で、夢を形にしたい!!!

っていう熱い想いのある女性、またそんな女性を応援したいよっていう方々、

どんどん参加しちゃいましょうぞ! らっせーら!!

 

○○○トークイベントで考えよう!女性の”新しい”生き方@神戸○○○

チラシPDFダウンロード【】【

■ 当日プログラム
12:30 受付
13:00 ミニトーク~地方から始まっているライフシフト~<谷水ゆかり>
13:30 パネルディスカッション~女性の新しい生き方~
14:30 グループトーク
15:30 まとめ
16:00 閉会

■お問い合わせ・お申込み
たんば移住・環流プロジェクト事務局 NPO法人gift(株式会社ご近所内)
お申し込みフォーム、お問い合わせはこちら!

 

◆◇◆ご近所が主催・提供・応援するイベント◆◇◆

からだカフェスピンオフ
10月 7日 @ 1:00 PM – 5:00 PM
【イベント概要】
◾️日時:2017年10月7日(土)
13:00~17:00
◾️場所:無量寺(氷上町小野570-2)
◾️料金:3000円
◾️主催:無量寺
◾️お問合せ:無量寺0795-82-0701

心と身体が喜ぶ「食べるをつくる」-仕事帰りに、丹波を食べて飲んで語る。
■参加費 1,500円(丹波の日本酒&里山おやつ付)
※お子様連れの受講も可能。お子様のおやつをご希望の場合はお一人500円。
■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■定 員 15名

■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■主 催 NPO法人gift(丹波市)+一般社団法人リベルタ学舎(神戸市)

 

空き家活用塾③空き家リノベーションの実態-企画から改修まで-
10月 12日   7:00 PM – 9:00 PM
会場:衣川會舘 青垣町佐治608
丹波市青垣町で空き家改修・活用したまちづくり活動を行い、地元住民と協働しながら地域再生に取り組む。空き家は地域の資源だと語り、空き家という空間を活かしたバーなど人が集まる仕掛けを多数実践。

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記