平成〆飲み!晩酌女子昼の酒宴~美酒と野獣編~

去る4月28日(日)、大型連休の2日目に当たる日に、

「晩酌女子昼の酒宴~美酒と野獣編~」を開催いたしましたっ

この日は平成最後の〆飲みっ! という女性も多かったのではないでしょうか。

お酒が大好きな女性が丹波市・丹波篠山市だけならず京阪神からもたっくさん集まりまして、

ゆったりはんなり、ほのりと丹波酒を楽しんでいただきましたよ!

丹波7蔵から銘酒が大集合♪

麗しの晩酌女子たちに楽しんでいただきましたのは、

  • 西山酒造場 「小鼓 花吹雪」(純米吟醸)
  • 山名酒造「儂の酒」(純米大吟醸)
  • 鴨庄酒造 「花鳥末廣」(純米)
  • 鳳鳴酒造 「田舎酒 鳳鳴 純米」(純米)
  • 狩場一酒造「しぼりたて生 秀月」(純米大吟醸)
  • 黄桜「黄桜S 純米大吟醸」(純米大吟醸)
  • 櫻酒造「櫻一文字」(純米)

この豪華ラインナップ♪それを、

こんな感じで、カップに少しずつお注ぎいたしまして、まずはお味見タイム。

気に入った子をおかわりしていただくシステムでございましたよ。

蔵人たちが語る、丹波酒への熱い想い

今目の前にあるお酒を造るため、どのような努力や物語があり、

どのように味わっていただきたいかというストーリーを、各蔵ごとにお話しいただきました。

ストーリーにも酔いしれながら、

試飲を楽しむ女子たち。

お酒の背景がわかれば、味わいもどんどん深くなるってもんです。

酒宴を楽しむ女子たち

そしてその後は、、、

お酒が進みすぎてやばい!と好評だった

ル・クロ丹波邸時松シェフのフィンガーフードたちが。

このフードたちに誘われて、

蔵人さんたちに、気に入ったお酒を継いでもらう女子も続々登場。

味わいいろいろ楽しめる、酒器も選んでいただきました。

また、

各テーブルに、蔵人さんたちがぐるぐる巡って、

ちょっと婚活パーティ的な雰囲気もありながら、

晩酌女子たちとのトークを楽しみながら、

自慢のお酒を注ぎまわる!という贅沢スタイル。

蔵人さんのトークに楽しそうな笑い声が聞こえたり、

お酒を人気俳優陣に例えて盛り上がったりと、楽しそうな女子たちにこちらも元気満開に。

杜氏さん自ら歌う、酒造りの歌に会場は大盛り上がり。

酒宴のあとは、お酒と素敵な物販も

酒宴の〆のあとは、

さきほどご紹介した7つのお酒はもちろん、こんな素敵な物販コーナーも。

こも樽などを造られる畠賢治商店さんの新ブランド、五葉松さん。

今回の酒器もご提供いただきました。

小さい枡や木製のおちょこなど、女子心をくすぐるグッズがいっぱい♪

お酒のお土産だけでなく、形に残るものも堪能された女子たちでした。

我らが晩酌女子恒松も、飲まずにがんばりましたよっ!

 

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記

関連記事

  1. 【ご近所のお仕事】(マジでつぶれる5日前!?道の駅あゆの里矢田川でガチ…

  2. ご近所のご近所農家さん、東京に降臨す

  3. ご近所Facebookページ1000いいね!大感謝祭

  4. そばんちを、もっと楽しむ!隠れ家的アートスペース「ぎゃらりーそばんち」…

  5. 「ひとたね」さんのハーブティを、ほぼ全部飲み比べてみましたの巻。

  6. 丹波づくしの 丹波酒を楽しむ会 ~晩酌女子の昼酒イベント~2018開催…

  7. 都会っ子たちが農業体験!丹波の黒ごま圃場で「食」にふれる

  8. 「美味しい」のチカラ~丹波の食の魅力を知って~

PAGE TOP