かわいすぎるお客様もお迎えした、ゆるカフェbyご近所の進化が止まらない!

ちなみにこの方は、宝塚市出身。

かわいすぎるお客様もお迎えした、ゆるカフェbyご近所の進化が止まらない!

By 済木麻子, 3月 3, 2017

去る3月1日、ご近所でまた、お世話になった人をお招きするカフェがひらかれました。

そう、「ゆるカフェbyご近所」。

「あ、それ前もやってたやつでしょ?知ってる知ってる」って思ったそこのあなた!

今回のゆるカフェは、また一味違ったんですよ!

この日のブログだけ読んで分かった気持ちになってもらっては、アレですよ。

もうほんと、如実に違うんですから!

こんなに違う、今回のゆるカフェ

まずね、新春ゆるカフェとは、看板が大きく違ってるんですからね!

これが一月の看板なんですけど、

16142439_10210499853186277_9114903290699061210_n

ね、残雪のなかのゆるカフェ看板が、凛として見えます。

これが、3月になると、こんな感じに様変わり!!

16998250_881542101985435_7193538651271853478_n

いやー、春ですよね!雪解けを感じますね!

凄い大きく変わってますよね!!

右上のピンクのアレは、「春霞」を表現してるんですよ。本当ですよ。

 

さらに今回、こんな新しい席ができましたよ!

IMG_6423

いやー、嬉しそうですね。

このなんちゃってコタツ席、なかなか好評でございましたよ。

IMG_6434

晩酌女子見習い(下戸)の中川と佐藤さんで、妄想朝酒。

 

そして、メニューも変わっています。

前回は新春ということもありそばがきぜんざいでしたが、

IMG_6495

今回は温麺!!!とかいて「うーめん」と読む!!!!

「温麺っていうのはあったかい麺ってことじゃなくて、

塩を使わずに製麺しているから体に優しい麺ってことなんだよ」

IMG_6562

師匠の言葉にご近所スタッフ、一つ賢くなりました。

 

そしてその他にも、大きく変わったのが……、

前回はこうで…

 

IMG_5182

今回がこう!!!

IMG_6461

お気づきになりましたか?

 

そうなんです! 佐藤さんのインナーが赤からグレーに変わってるんです!!!

これは大きな変化ですね。

そして、奥には佐藤さんが手作りしてくれたカフェカウンターが。

これがまた、パワーアップしてるんですよ!!!

IMG_6602 IMG_6604

シャレオツですな!!ほんまにもう。

ていうことで、回数ごとにパワーアップしていくのがゆるカフェ。

次回が今から楽しみでなりませぬな。

 

今回も嬉しいお客様が続々と!

平日のお昼間ということでしたが、沢山のお客様がご近所まで足を運んでくださいました。

割と人里離れてるのに。愛ですな。

16938607_881541798652132_2291284836915279428_n

↑来た!ジェニック近藤!!彼女が来たらブログを書きたくなる。パブロフ。

IMG_6548

ご近所女子と、重役の集い。なぜか、服の裏地の話で盛り上がる。

みんなで裏地を見せ合うのもOK。なぜならゆるいから。

IMG_6480

もう一人のマスターである、サブちゃんが、今回の味付けを担当してくれました。

美味しゅうございましたぞ!

IMG_6599

お昼休みに駆けつけて下さったお客様や、

IMG_6574

おこた席で行われるほっこり女子会や、

IMG_6581

ご夫婦でのご利用も。いいですな。

そして、

 

16938472_1276546589098375_4193059896969452952_n

ゆるカフェ史上最年少のお客様も!!

個室でおこたもあるから、子育てママさんにも優しいよ!!

ていうか近藤さん結構長居してくれてるな! 終始いてくれてるな!!

 

ということで、赤ちゃんOK、ご夫婦OK、仕事の合間OK、デザイナーOK、クリエイターOK、

裏地OKのゆるいカフェ、ゆるカフェbyご近所。今回も楽しゅうございました!!

 

ねえねえ、次回はいつやるの?

うーん、そうだなぁ……。

うーん、そうだなぁ……。

今後の進化が楽しみすぎるゆるカフェ、

続報もゆるっとお届けいたしますので、ゆるっと首を長くしてお待ちくださいませ!

 

◆◇◆ご近所が主催・提供・応援するイベント◆◇◆

からだカフェスピンオフ
10月 7日 @ 1:00 PM – 5:00 PM
【イベント概要】
◾️日時:2017年10月7日(土)
13:00~17:00
◾️場所:無量寺(氷上町小野570-2)
◾️料金:3000円
◾️主催:無量寺
◾️お問合せ:無量寺0795-82-0701

心と身体が喜ぶ「食べるをつくる」-仕事帰りに、丹波を食べて飲んで語る。
■参加費 1,500円(丹波の日本酒&里山おやつ付)
※お子様連れの受講も可能。お子様のおやつをご希望の場合はお一人500円。
■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■定 員 15名

■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■主 催 NPO法人gift(丹波市)+一般社団法人リベルタ学舎(神戸市)

 

空き家活用塾③空き家リノベーションの実態-企画から改修まで-
10月 12日   7:00 PM – 9:00 PM
会場:衣川會舘 青垣町佐治608
丹波市青垣町で空き家改修・活用したまちづくり活動を行い、地元住民と協働しながら地域再生に取り組む。空き家は地域の資源だと語り、空き家という空間を活かしたバーなど人が集まる仕掛けを多数実践。

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記