アイデアを加速する5つの方法

アイデアを加速する5つの方法

仕事の効率は、どの会社にとっても頭を悩ませるもの。
実は人間は置かれた環境で行動が変わるということはご存知でしたか?
ここでは、カメレオンを使って行動を促す方法をご紹介しましょう。

1.立ち会議でミーティングの生産性を高める。人間に取って大腿筋はもっとも大きな筋肉。散策や立ち姿勢は大腿筋を使うので血流を高め、能が活性化します。もちろん、会議短縮効果も。

2.膝詰め談義でチームの連帯感を生む。腹を割って直接要求を通す「膝詰め談判」。チームでざっくばらんに話すなら、この手法。かつての囲炉裏端のように、一体となった会話が弾みます。

3、集中するには視野を限るだけで充分。個人で集中して取り組みたいときは、他者と隔てるべし。そんな「こもり」感には、視線部分だけで充分です。最小パーティションで空間を有効活用。

4、リラックス効果には目線を下げる。人にとってくつろげる「パーソナルスペース」は、目線が低いと狭くなります。ローテーブルは他者との距離が近くてもくつろげるので、親睦に最適。

5、打合せの熟度をあげるには背もたれ無しで。体を乗り出すのは興味を示すジェスチャー。座り会議なら、背もたれのない椅子を。体が自然に前のめりになるので、打合せが熟成します。

今日から環境を変えてみてアイデアを加速する方法を試してみたくなりませんでしたか?
「私ならこういう方法でオフィス環境を変えるのにな」と思った方は、早速社内で呼びかけて見て下さい。
皆さんで快適なオフィス環境を考えることで社内ブレストも盛り上がりますよ。
カメレオンを注文する カメレオンを問い合わせる