【動画あり】市島町「おばちゃんの店」でおばちゃんグッズを作ろう!借金なし続報有!!

IMG_6244

【動画あり】市島町「おばちゃんの店」でおばちゃんグッズを作ろう!借金なし続報有!!

By 済木麻子, 2月 28, 2017

市島町上垣にある、「おばちゃんの店」。

先日「借金なし」という珍しいお豆腐のうわさを聞きつけこのお店に来たものの、

レアすぎてありつけなかったご近所メンバーの元に、

(その時のブログ「市島町『おばちゃんの店』に『借金なし』を食べに行こうとした女たちの話」

「借金なしが入荷されたらしい」という情報が舞い込んできました!

ということで、ご近所卒業生田代春佳氏とご近所済木の「再チャレンジメンバー」に、

山南町にご家族で移住してきてもうすぐ1年という移住女子の南野さん、

そしてこの日東京に帰る直前に最後の思い出作りに来ていただいた、ウェブデザイナーの中山海里さんと、

れっつらおばちゃんの店!!

IMG_6199

このとき私たちはまだ気が付かなかった……

この日、一緒にご飯を食べた東京からの刺客、中山海里氏が、

最後にとんでもない置き土産をしてくれるということを……。

待ち時間にシオを撮影する中山さん。

待ち時間にシオを撮影する中山さん。

↑またカメラ目線ですね。

IMG_6220

↑この日の日替わり、オムライス定食。

IMG_6226

「おばちゃんの店」一番人気メニュー、かつ鍋定食。

IMG_6234

男子はご飯大盛。

IMG_6238

この方は、前回の唐揚げ定食の味が忘れられなくて。

人気メニューがかつ鍋定食だと聞き、私済木と中山さんはかつ鍋定食に。

かつ鍋って何?って感じですが、「かつ丼の上のやつ」ですね。

卵がトロトロで、カツはジューシーで、味付けは甘辛。

いくらでもご飯が進んじゃう、魔法のかつ鍋に舌鼓を打っていると、

「それはおばちゃんの味付けやで♪♪」と話しかけてくれるおちゃめなおばちゃんこと藤田洋子さん。

ほんとね、唐揚げも最高だったけど、かつ鍋も人気メニューの風格に納得。

もちろん、お米や野菜は有機栽培のものを使用している安心仕様ですよ。

そしてこの定食メニューには、この通り!!

IMG_6244

「借金なし豆腐」がついていたのです~!!!

市島町の有機栽培大豆、その実のなりかたから「借金がなくなる」といわれる大豆で

作られる、幻のお豆腐。

何もつけなくったって、甘くて濃厚。するっとお口の中でほどけるなめらかさ。

こ、こ、これがその……!!と思っていたのですが、おばちゃんから、

「今回のよりも、初回の借金なし豆腐の方が本当に本当においしかってん。

だから、初回の作り方で次は作ってもらうんや。それをぜひ食べてほしいわ~」

IMG_6252

な、な、な、なんですと!?!?

こんなに美味しくて、まだ「真の借金なし豆腐」ではない、ですと……?

奥の細道すぎる、「借金なし」道。こんなに美味しいのに、

これより美味しいってどういう次元に存在しているのか、楽しみで仕方ありませぬ。

とかとか、借金なしの話をはじめ、おばちゃんトークに花を咲かせていると、突然、

webデザイナーの中山さんが、「こんなの作ったんですけど」と……。

16976470_1299657676782773_2098773675_n

じゃじゃーん!!!「おばちゃんの店」箸袋で作った、「おばちゃん箸置き」!!!

ちゃんとおばちゃんの顔が見えるつくりになっていて、これにはおばちゃんも大喜び。

「飾りたいし、作り方も知りたいわ~!」ということで、

この「おばちゃん箸置き」の作り方を、中山さんに伝授していただき、

作り方を動画にまとめてみました~!!どん!

あ、音出るからね。

考えた人。

「考える人」みたいなポーズをしてくれた、考えた人。

これは是非、皆さんに「おばちゃんの店」に行って作ってもらいたい代物です!!

このおばちゃんの顔が書かれた箸袋は創作欲求を高めるのか、

過去は、

IMG_6256

こんな作品を作った小学生もいたのだとか。

クリエイティブが仕事してます!!!

ということで、今度こそよきかなよきかな、で帰ろうとしたところ、

「あのー、、、、私、今回はお財布持ってきたんですけど……」

なんと所持金が足らなかったはるかさん、今度は南野さんにお支払いしていただき、

IMG_6269

またもや「借金あり」に。

必ずやってくれるよね!これ仕込みじゃないからすごいって本当に思うの。

ということで、私たちは、真の借金なしに出会えるまで、

またしばしの旅に出るのであった……。

中山さんのクリエイティブを、次回の丹波でもっと見せてほしいと胸に抱きながら……。

Info

おばちゃんの店
◆電話 0795-85-1721
◆所在地 丹波市市島町上垣25-3
◆営業時間[月・木~日] 11:00~14:00 17:00~22:00
[火] 11:00~14:00
◆定休日 水曜日

 

ご近所スタッフオススメ「丹波うまいもんMAP」記事一覧

 

◆◇◆ご近所が主催・提供・応援するイベント◆◇◆

2017年4月23日(日)14:00~16:00
「5人の仕掛け人に聞く、地方に人が集まる仕組みづくり
■会場:衣川會舘(兵庫県丹波市青垣町佐治608)
■プログラム:
・挨拶     丹波市副市長
・丹波市のいま 丹波市移住相談窓口 田代春佳
・パネルディスカッション
~5名の仕掛け人に聞く!地方に人が集まる仕組みづくりとは~
・衣川會館2階内覧・懇親
■定員:50名
■参加費:無料
【お申込みは以下ウェブサイトよりお願いします】
https://www.hwc.jp/tamba/shikake/

 

2017年4月23日(日) 8:15~開会、8:30スタート
丹波市100人駅伝
■募集人数 100人(応募多数の場合は抽選)
■参加資格 小学1年生以上
■参加費 1,500円
■走行距離 おひとり100m~3km程度(応相談)
■主催 丹波100人プロジェクト事務局 丹波市100人駅伝実行委員会

 

2017年4月23日(日)13:00開場 13:30開演
「うづきのうたげ」丹波布ファッションショー
■場所:兵庫県丹波市柏原町柏原683 柏原藩陣屋跡
雨天時 丹波市柏原町柏原688-3 たんば黎明館2階
■内容:丹波布をつかったファッションショー
■料金:前売券2000円 当日券2300円
■モデル:地元の方々
■主催:丹波布ファッションショー実行委員会

 

2017年7月9日(日)、9月3日(日)11:00-16:00
森ハンモックカフェ2017
森の中でカフェランチ、森の中でハンモックでうたたね。至福の癒しを。
■会場:丹波悠遊の森 兵庫県丹波市柏原町大新屋1153-2
○1回目(7月09日開催) .. 4月15日予約開始、6月19日締切
○2回目(9月03日開催) .. 7月1日予約開始、8月21日締切
【お問合せ】丹波悠遊の森 0795-72-3285 tamba-info@tamba-yuyu.com
その他詳しい情報、お申込フォームなどは、森ハンモックカフェ2017のサイトをご覧ください!

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記