『阪急梅田 くるみの木』~ライフスタイルショップの先駆け~ 

fujiyasu_2

『阪急梅田 くるみの木』~ライフスタイルショップの先駆け~ 

By ご近所, 12月 22, 2014

 阪急梅田店の催事『くるみの木とともに。30年の収穫祭』へ行ってまいりました。
くるみの木は奈良県一条にある、石村由起子さんが主催するおもてなしの心と
居心地の良い空間を追求した30年続くライフスタイルショップの先駆けのお店です。
そんなくるみの木が梅田阪急にて30年収穫祭という事でくるみの木とともに
歩んできたお店などが一同にあつまりくるみの木の雑貨カージュや、
ノワ ラスール、ギャラリー月草など、奈良からそのまま
くるみの木が来たような空間が再現されていました。

fujiyasu_1

また、作り手の人たちが、今回のイベントの為だけに作った品物や、全国各地から集まった
ヒトマチマーケット、オーナーさんの出張ギャラリーなど盛りだくさんで地に足のついた生活
スタイルが感じられる内容となっていました。30年という月日の中で、オーナーの石村さんが
日本各地へ足を運び、人と出会い、ものに出会い、
そして、それをお客様へ伝え、喜んでもらいたいという思いでやってこられた軌跡が感じられ
30年の収穫祭というネーミングと相まって楽しいイベントでした。
たくさんのお店や作家さんが商品を並べており、訪れた日も人が多く賑わっていましたが、
不思議と圧迫感やごちゃごちゃした印象は受けませんでした。商品に対するイメージや店舗の
イメージが統一されているので、その世界観に周りが共感し、人が集まっている事を実感
でき、まさにブランディングが成功しているショップ例だと思いました。

fujiyasu_3

僕が関わらせて頂いている、丹波栗においても、生産量を増産させるのも一つなのですが、
それを回収できるマーケットを開拓しなければ、せっかくのブランド栗がなかなかひろまら
ないのではないかと感じました。
若い世代へのブランディングとスイーツなどの中間加工による
事業作り、お菓子屋さんや飲食店へのマーケット開拓など新たな市場を掘り起こす事は
とても重要なことだと、改めて認識できるイベントでした。

The following two tabs change content below.
ご近所

ご近所

このブログは、株式会社 ご近所 サイト運営者によって更新されました。