「ひとたね」さんのハーブティを、ほぼ全部飲み比べてみましたの巻。

PIC_0491

「ひとたね」さんのハーブティを、ほぼ全部飲み比べてみましたの巻。

By 済木麻子, 3月 8, 2017

いやー、あれですね。

年度末ですね。

税務署さんに「お勤め先はこの名前が正式名称ですか?」と聞かれることで有名な、年度末ですよ。

そんな、言い方知れない切なさを抱えた夜は、そして朝は、またもや昼は、

ハーブティでほっこりしませんか。

 

先日のブログでお伝えいたしました、「ひとたね」さんのこと。

ひとたねさんが、とても個性的なハーブティーを販売されていることは、

丹波のあちこちや、あそこらへん界隈でとてもホットな話題になっていますよね。

IMG_5872

ご近所メンバーも、もちろん仕事の合間にいただいております!

 

このデザインとイラスト、ネーミングも素敵なひとたねティー。

でも、お味の方はどうなんですの? って気になっちゃうマダムもいますよね。

ということで、ご近所メンバーが試飲した、ひとたねティーのお味をば、ご紹介いたします。

 

PIC_0485

まずね、ご近所メンバーが最初にいただいたのはこちらのティーです。

その日がちょうど月曜日だったのと、やる気を求めているメンバーが多かったため(大丈夫か

こちらはすいっと、気持ちが爽やかになるような味わいのティーなんです。

緑茶ベースだからか、とても親しみやすい味で、後口はスッキリめ。

ご近所伊藤はこのティーがお気に入り。どれくらい気に入ってるかというと、

水曜日でも、金曜日でも飲んでるくらい!だって飲みやすいんだもの。

曜日になんて、とらわれない。これさえ飲めば、毎日が、月曜日。(それは嫌だ

 

PIC_0486

こちらはね、「企画考えよう!」って時にみんなで飲んだりしますよね。

いやー仕事熱心ですね。自画自賛です。

飲み口はオレンジっぽい味で少し甘味があるこちらのティー。

でも、その甘味に酔いしれていると後で、ちょっとスパイシーな大人の味も追いかけてくるんで、

「いつまでも子ども扱いしないで!」って言いたい背伸び系女子にもぴったりかも。

甘味とピリッとした刺激が混ざり合って、これは確かに

脳の使われてないとこが動き出しちゃうかもしれませんな。

 

PIC_0484 (1)

こちらは、なぜかこのゲーム猫氏に惹かれて、朝からがぶ飲みしちゃったティー。

こちらは入れている時から甘い香りが漂い、飲んでみても甘めの後口がちょっと残る感じ。

この甘さがリラックスにつながるのか、気持ちが落ち着きます♪

あわただしい年度末、このティーを飲み、あえて「俺って余裕な週末を送ってるよな!」と、

イメージトレーニングしてみませんか? もしくは、

これを飲んで、ゲーム感覚で書類をがーっとやってしまうのも一つの手ですな。がんばろう(涙

 

PIC_0487

ネーミングとイラストの吸引力No.1のこちら。

甘味を感じるラインナップもあるひとたねティーですが、こちらはそのコンセプトからか、

さっぱり系、クール系の、爽やかな渋み感じるお味になってます。

これを飲んで、思いとどまりましょう。…と思っていたら、

「旦那にイライラしたら、ストレスぶつけちゃえばいいんですよ」byケンワタナベ

あと、商品写真はphoto by ケンワタナベ。

PIC_0490

こちらはご近所恒松お気に入りのティー。

「私が遅い時間に書類を作っていたら、

ちあきさんがこのお茶を入れてくれたんです……♪」という、

お茶も心もホットになるエピソードにほろり、泣きながら飲んでいただきましょう。

入れている間のアロマテラピー感が半端ない。これって、入れてる方も癒されるんじゃないかな。

さっぱりしたレモングラスの風味が、リフレッシュにもいいですね。

 

あと、「今宵の俺はノンカフェインだぜ!たっぷり寝てやるぜ!」って方には以下の二つ。

PIC_0488

「私、末端恐怖症なんですよね」という、レアなアゴラフォビアをお持ちのご近所中川。

多分末端冷え性なんだと思います。もしくは先端恐怖症か。

同じように末端恐怖症のあなたにお勧めしたいのが、とにかくあったまるこちらのティー。

ほのかな甘みに、しょうがのかほりとシナモン。

なんか、こういう焼菓子あるなぁ。お母さんとかが焼いてくれるやつ。ドライフルーツとか入ってそうな。

お菓子に入れてもあうんじゃないかな。これ、上手な人やってほしいなぁ。(人任せ)

私これ、ガチでみんな外出で一人の時に飲んだんですけど、寂しくなんてなかったやい!

 

PIC_0483 (1)

ちなみにご近所済木イチオシのティーはこちら。

一口飲んでみてください。「優しいなぁ」て口をついて出てくるから。多分。

この優しさと、飲みやすさは、「包み込まれるやつ」です。

このティーの半分以上は優しさでできてるんですよね。だから、

お酒のような感じで発散するんじゃなくて、「まあ、そんな日もあるよね」と、

優しく寄り添ってくれる感じ。どのハーブも、絶妙にブレンドされてるから、

あまり主張してこないんですけど、それがまたよし。

飲んだら寝て忘れちゃえばいいんですよ。ノンカフェインだし。寝れる寝れる。

 

PIC_0491

そんなわけでつらつら書いてまいりました、ご近所メンバーオススメつきのひとたねティーレポート。

あなたの「飲んでみたい!」は見つかりましたでしょうか。

こちらのティー、人気のため品切れのものも出てきているとかで、

気になったものがあった方は、「You、早く注文しちゃいなよ!」なんです。

 

ご注文とお問い合わせは、こちらのwebサイトから(←クリックできるよ!)どうぞー!!

パン工房ひとたね」でも店舗販売してますので、

お近くの方や、「パンも食べたいんだよね」って方はそちらにー。

 

◆◇◆ご近所が主催・提供・応援するイベント◆◇◆

からだカフェスピンオフ
10月 7日 @ 1:00 PM – 5:00 PM
【イベント概要】
◾️日時:2017年10月7日(土)
13:00~17:00
◾️場所:無量寺(氷上町小野570-2)
◾️料金:3000円
◾️主催:無量寺
◾️お問合せ:無量寺0795-82-0701

心と身体が喜ぶ「食べるをつくる」-仕事帰りに、丹波を食べて飲んで語る。
■参加費 1,500円(丹波の日本酒&里山おやつ付)
※お子様連れの受講も可能。お子様のおやつをご希望の場合はお一人500円。
■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■定 員 15名

■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■主 催 NPO法人gift(丹波市)+一般社団法人リベルタ学舎(神戸市)

 

空き家活用塾③空き家リノベーションの実態-企画から改修まで-
10月 12日   7:00 PM – 9:00 PM
会場:衣川會舘 青垣町佐治608
丹波市青垣町で空き家改修・活用したまちづくり活動を行い、地元住民と協働しながら地域再生に取り組む。空き家は地域の資源だと語り、空き家という空間を活かしたバーなど人が集まる仕掛けを多数実践。

 

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記