至福のくつろぎを、あなたに。森ハンモックカフェ2017

28995691480_055001e512_z

至福のくつろぎを、あなたに。森ハンモックカフェ2017

By 済木麻子, 4月 17, 2017

ハンモック。それは、

28664853953_b92ed02886_z

男のロマン。

 

ハンモック。それは、

29283759395_9ae6e6f2cd_z

女のロマン。

 

ハンモック。それは……、

29249668276_691f142410_z

えーと、とにかく浪漫。

浪漫と書くと途端に大正風味漂いますね!

 

小鳥のさえずり。

風に、木の葉がこすれる音。

優しさだけが届けられる、木漏れ日。

森の木につるす、ハンモック。

29283734785_337c6039ba_z

日々の喧騒を離れ、

母の胎内に抱かれる感覚。

全てを許され、包み込まれ……そこに、

28661113244_4b31b1f3ff_z

バリスタが届ける、一杯のコーヒー。

 

あの、

もし間違ってたら指摘してほしいんですけど、

もし、もしかしたらなんですけど、ひょっとして、

最高、ですか……?

29285578615_10e3d3648d_z

深い満足を、森の仲間で届ける人もまた、輝く。

 

誰なんですか、この最高的な空間を発案した人は!

というのがみんな割と気になってきたと思うので、

この「森ハンモックカフェ」が今年も行われるという現場、「丹波悠遊の森」に潜入!

森ハンモックカフェの発起人であり、丹波悠遊の森でお勤めの花田匡平さんと、

17918972_1350176711730869_409346457_n

「最初の方から関わってますね」というケン・ワタナベさんにお話を伺いました。

 

今年で4年目を迎える森ハンモックカフェ

 

2013年に大阪から丹波に移住してきましたよって感じの花田さん。

悠遊の森に勤め始めて、割と最初の方にこの「森ハンモックカフェ」を発案・企画されたそうなのですが、

「都会でも、カフェの中に椅子型のハンモックをつるした『ハンモックカフェ』があるのですが、

これが森の中でできたらなぁ……と思って」のことだそう。このアイディアマンめ!

28661032884_4f524617c9_z

森ハンモックカフェの場合は、森の中に入って、

28995691480_055001e512_z

ハンモック、5メートルくらいあるんですよっ

好きなところにハンモックをつるして、

さっき言ったような、木漏れ日とかそういうのを味わいながら、

思い思いに時間を過ごす。

29249709776_b6dc2d7c20_z

あっ、この本ご近所メンバーがのってるやつ!!のってるやつっっ!!

28995687190_c71517a3e2_z

こっちは、のってないやつ。

のっていてものっていなくてもいい。読書でもいいし、その他のアレでもいい。

そして、ケンワタナベによりますと、

「多くの方が眠ってしまいますね」

つまり比喩ではない、「夢の世界」へ。

このハンモック、強度ある。むしろ強度しかない。安心して夢の世界へ。

最初に、ハンモックのいい感じの設置方法とかも教えてもらえるからね。

「森ハンモックカフェ」のお楽しみはまだまだ!

森ハンモックカフェは11:00はじまりの、16:00解散。

「腹が減ってはハンモック出来ない」、これハンモックあるあるですよね。

なんとこの「森ハンモックカフェ」、ハンモック前の腹ごしらえも完璧。

27572708494_14e1ccd2d0_z28154289306_740b6891ce_z こんな!こんな感じで!!

丹波市の人気カフェ、「cafe ma-no」さんご提供の、森ビュッフェ!

好きなものを、好きなだけ。たらふく。もしくは腹八分目に。

27572708004_bff171948d_z

そら、こんな素敵な笑顔も出ちゃいますよね。

 

森ハンモックカフェは5時間ですけど、ワークショップありーの、ビュッフェありーの、

で3時間くらいのハンモックタイム。

「意外と短かった~!あっという間だった!」という声が聞かれる、至福の時間なんですよ。

 

他にも、

「自作したハンモックでゆっくりできるなんて夢のようです!」

「たくさんの木立の中から好きな場所を選べることができて良かった」

「森の中の風が気持ち良くて……」

など、

28661063824_0ea76c70e9_z

そう、ズバリ、

「参加者さんサティスファクション」ハンパない時間と空間なんですってよ。

 

やっぱり、もしかすると、これって

最高なんじゃないですかね(確信)。

 

そう思っちゃったあなたは、以下の要項を読んで、

参加申し込みしちゃいませう!なんでも割とすぐ定員に達しましたって感じになるんで、

早めの決断力とか必要そうな感じですよっ!

 

森ハンモックカフェ2017

開催要項

【日時】
① 7月09日(日)
② 9月03日(日)    *各定員60名 雨天決行(屋根のある場所で行います)

【会場】丹波悠遊の森 兵庫県丹波市柏原町大新屋1153-2

【参加費】

おとな・一般 10,000円
ハンモック、ロープ、森ビュッフェ、カフェ(ハンモック、ロープはおち帰り頂けます)

おとな・レンタル 8,000円
ハンモック、ロープ、森ビュッフェ、カフェ(ハンモック、ロープはレンタルをご利用ください)

おとな・リピーター 5,000円
BBQランチ、カフェ(ハンモック、ロープは前回参加時に作ったものをご持参ください)

小学生 3,000円
ハンモック、ロープ、BBQランチカフェ(ハンモック、ロープはレンタルをご利用ください)

幼児(未就学児) 1,500円
ハンモック、ロープ、BBQランチカフェ(ハンモック、ロープはレンタルをご利用ください)

乳幼児(3歳未満) 無料
ハンモック・ロープのレンタルはありません

*各予約締切翌日以降、キャンセル料を承ります。
【ご予約】専用予約サイトよりお申し込みください。ご予約時に、ハンモックの色(ダークグリーンまたはマスタード)をご指定ください。定員に達し次第、受付を終了します。
○1回目(7月09日開催) .. 4月15日予約開始、6月19日締切
○2回目(9月03日開催) .. 7月1日予約開始、8月21日締切

【お問合せ】 0795-72-3285 tamba-info@tamba-yuyu.com

その他詳しい情報、お申込フォームなどは、森ハンモックカフェ2017のサイトをご覧ください!

 

◆◇◆ご近所が主催・提供・応援するイベント◆◇◆

からだカフェスピンオフ
10月 7日 @ 1:00 PM – 5:00 PM
【イベント概要】
◾️日時:2017年10月7日(土)
13:00~17:00
◾️場所:無量寺(氷上町小野570-2)
◾️料金:3000円
◾️主催:無量寺
◾️お問合せ:無量寺0795-82-0701

心と身体が喜ぶ「食べるをつくる」-仕事帰りに、丹波を食べて飲んで語る。
■参加費 1,500円(丹波の日本酒&里山おやつ付)
※お子様連れの受講も可能。お子様のおやつをご希望の場合はお一人500円。
■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■定 員 15名

■場 所 コミューン99(神戸市中央区江戸町100番 高砂100BANビル601号室)/三宮駅徒歩7分
■主 催 NPO法人gift(丹波市)+一般社団法人リベルタ学舎(神戸市)

 

空き家活用塾③空き家リノベーションの実態-企画から改修まで-
10月 12日   7:00 PM – 9:00 PM
会場:衣川會舘 青垣町佐治608
丹波市青垣町で空き家改修・活用したまちづくり活動を行い、地元住民と協働しながら地域再生に取り組む。空き家は地域の資源だと語り、空き家という空間を活かしたバーなど人が集まる仕掛けを多数実践。

 

 

The following two tabs change content below.
済木麻子

済木麻子

・名前   済木 麻子/Asako Saiki ・活動拠点   丹波↔奈良 ・担当   ライター ・メッセージ 奈良県出身、丹波市在住のライター。 「tocco.」をはじめとし、主に丹波をテーマに含む冊子、 ウェブサイトのライティングを手掛けてきました。 読書とアウトドアが好きな2児の母。 <主なテーマ> ご近所の本棚/編集記